1. サイトトップ
  2. イベント情報
  3. 令和2年度 宮城県 米国食品安全強化法(FSMA)対応セミナー事業 第五弾 アドバイザー派遣事業

セミナー・講演会令和2年度 宮城県 米国食品安全強化法(FSMA)対応セミナー事業 第五弾 アドバイザー派遣事業

募集は締め切りました。

米国で2011年に制定された「食品安全強化法(FSMA)」では、米国内で流通する輸入食品についてもCODEX HACCPを基とした安全規則への対応や食品不良の防止などが適用されるほか、当局による査察の強化など、米国への輸出を行う食品関連事業者に対し、今年6月に改正された食品衛生法よりワンランク上の食品安全規則への対応を求める内容となっています。

そこで宮城県では、米国への販路開拓に取り組む県内事業者のFSMA対応を支援するため、「PCQI(予防管理適格者)養成講座」を受講した事業者及び既にPCQIの資格を取得済みである県内事業者を対象に、アドバイザーを派遣します。アドバイザーが食品安全計画と実態の状況を比較し、より的確な計画作成に向けて助言を行います。

日時

2021年1月13日(水曜)、1月14日(木曜)
※各事業者への訪問日は、13日~14日のうち、どちらか1日です。時間は各社3時間程度を予定しています。

場所 アドバイザーが参加者の事業所へ訪問します。 (宮城県内各事業所内)
内容
対象者:

以下「1」~「3」の全てを満たす方

  1. 2020年10月26~28日に開催された、「PCQI(予防管理適格者)養成講座」を受講された方。または既にPCQIの資格をお持ちの宮城県内事業者。
  2. 12月24日(木曜)17時00分までに食品安全計画の提出が可能な方。

    食品安全計画の提出先(E-mail):sen@jetro.go.jp

    ジェトロ仙台(担当:布施、菊川)

    ※添付の【雛形】をご利用ください。エクセル、ワードのどちらか、または両方をダウンロードしてお使いください。

    ※自社のフォームがある場合は、それをお使いいただくことも可能です。

  3. 中小企業基本法に定義する「中小企業者」である事業者。
プログラム(予定):

アドバイザーが食品安全計画と実態の状況を比較し、より的確な食品安全計画作成に向けて助言を行います。

※製造現場への立ち入りが含まれます。

講師

グローバリューション代表 村井 京太 氏(PCQIリードインストラクター、米国食品防御リードインストラクターキャンディデイト)

主催・共催 宮城県(委託先:ジェトロ仙台)
参加費 無料
定員 最大4社
※応募者多数の場合は先着順とさせていただきます。
※2日間で最大4社への派遣を想定していますが、各社間の移動距離等によっては4社を下回る可能性があります。

お問い合わせ先

ジェトロ仙台 (担当:布施、菊川)
Tel:022-223-7484 Fax:022-262-6230 
E-mail:sen@jetro.go.jp