1. サイトトップ
  2. イベント情報
  3. アルゼンチン・セミナー:交通インフラ開発とPPPの枠組み

セミナー・講演会アルゼンチン・セミナー:交通インフラ開発とPPPの枠組み

ジェトロは、アルゼンチン運輸省のマヌエラ・ロペス・メネンデス公共事業担当副大臣と同金融省のホセ・ルイス・モレアPPP担当次官の訪日機会を捉え、アルゼンチン・セミナー「交通インフラ開発とPPPの枠組み」を開催します。

本セミナーでは、ブエノスアイレスの都市交通システム計画や昨年11月に発表されたPPP(Public Private Partnership)の枠組みに関する最新情報を説明します。また、ジェトロ・ブエノスアイレス事務所が昨年11月から進める、アルゼンチンのインフラ市場動向等に関する調査の成果の一部も紹介します。さらに、ビジネス環境全般についても解説します。

皆様のご来場をお待ちしています。

日時

2018年2月26日(月曜) 10時00分~12時00分

場所 ジェトロ本部  5階 ABCD会議室(港区赤坂1-12-32 アーク森ビル)
プログラム
10:00~10:05
開会挨拶

ジェトロ・ものづくり産業部長 稲葉 公彦

10:05~10:35
「アルゼンチンにおけるPPP計画:制度枠組みとプロジェクトの進め方」

アルゼンチン共和国 金融省 PPP担当次官 ホセ・ルイス・モレア 氏

10:35~11:05
「国家交通計画:ブエノスアイレス都市交通システム・プロジェクト(RER)」

アルゼンチン共和国 運輸省 公共事業担当副大臣 マヌエラ・ロペス・メネンデス 氏

11:05~11:20
質疑応答
11:20~11:35
Why Argentina -インフラビジネスの好機を掴む上でのパートナーとしての投資貿易促進庁」

アルゼンチン投資貿易促進庁 担当部長 アレハンドロ・ヘイマン 氏

11:35~11:50
「アルゼンチンの最新ビジネス情勢と日系企業にとってのビジネス機会」

ジェトロ・ブエノスアイレス事務所長 紀井 寿雄

11:50~12:00
質疑応答

言語:日本語とスペイン語(同時通訳)

主催・共催 駐日アルゼンチン大使館、アルゼンチン投資貿易促進庁、ジェトロ、一般社団法人海外鉄道技術協力協会(JARTS)
後援 経済産業省(予定)、国土交通省(予定)、日本鉄道システム輸出組合(JORSA)(予定)
参加費 無料
定員 150名
※定員に達した場合、申込期限以前であっても、お申し込みを締め切ることがあります。
参考情報

アルゼンチン共和国政府のPPP計画が紹介されています。
Infrastructure Funding: Argentina’s PPP Plan (Ministry of Finance)PDFファイル(外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます)(827KB)

お申し込み方法

イベント申し込みページにて、必要事項をご入力のうえお申し込みください。

お申し込み後、ご登録のメールアドレス宛に、ジェトロ・ブエノスアイレス事務所から「アルゼンチン投資庁によるアンケート協力のご案内」を送信しますので、ご協力いただきますようお願いします。

お申し込み締め切り

2018年02月22日(木曜) 23時59分

お問い合わせ先

ジェトロ環境・インフラ課 (担当:大野(真)、佐藤)
Tel:03-3582-5542 Fax:03-3582-7508 
E-mail:mic@jetro.go.jp