1. サイトトップ
  2. イベント情報
  3. パレスチナICTワークショップ

セミナー・講演会パレスチナICTワークショップ

募集は締め切りました。

外務省がパレスチナからICTコンペ入賞者5名を日本に招へいする機会を捉え、ジェトロは共に「パレスチナICTワークショップ」を外務省と開催します。

今回来日するパレスチナ人5名は、今年9月にパレスチナのジェリコ農産加工団地(JAIP)で日本政府とUNDPが開催したICTコンペ(DigiBiz ICT solutions competition)の入賞者で、応募者119名の中から書類審査、ピッチコンテストを勝ち抜いたパレスチナ人起業家たちです。ビジネスモデルは、ゲームや農業等多岐にわたります。

本ワークショップでは、パレスチナ企業によるプレゼンテーションに加え、外務省やJICAから日本政府によるパレスチナでの取り組みもご紹介しますので、是非ご参加ください。

なお、このICTコンペは、「平和と繁栄の回廊」構想の旗艦プロジェクトであるJAIPグレードアップの一環として実施されました。

日時

2018年12月10日(月曜) 14時00分~16時30分(13時30分 受付開始)

場所 ジェトロ本部 5階 5BCD会議室(港区赤坂1-12-32 アーク森ビル)
内容
プログラム:
14:00~14:05
開会挨拶(ジェトロ)
14:05~14:10
14:10~14:20
来賓挨拶(駐日パレスチナ常駐総代表部)
日本企業へのパレスチナ及びJAIPの紹介(外務省)
14:20~14:30
日本企業のパレスチナへの関わりの例(JICA)
14:30~14:35
招へい者5名の紹介(外務省)
14:35~15:25
招へい者5名によるプレゼンテーション
15:25~15:45
質疑応答
15:45~16:25
招へい者とのネットワーキング
16:25~16:30
閉会挨拶(外務省)
招へい者のご紹介:
  • ワファ・ハムーダ 氏(Ms. Wafaa Hmouda)

    【プレゼン内容】自閉症患者のためのゲーム開発(自閉症患者が社会に適応することを目的としたEラーニング・ゲームの開発)

  • アイハム・バディール 氏(Mr. Ayham Bader)

    【プレゼン内容】電子廃棄物リサイクル(電子廃棄物のリサイクルを自宅でもできるように容易化した手法)

  • ラベイ・ダラグメー 氏(Mr. Rabei Daraghmeh)

    【プレゼン内容】副鼻腔炎の医療自動診断(副鼻腔炎症状の写真データ蓄積を利用した自動診断サービス)

  • ジュマーナ・サアド 氏(Ms. Jumana Saad)

    【プレゼン内容】スカイ・ゲート・ゲーム(多くのパレスチナ人が訪問できないエルサレムを舞台としたゲーム)

  • スーザン・アタッラー 氏(Ms. Suzan Atallah)

    【プレゼン内容】農業における新技術(太陽光を利用した水耕栽培用製品)

※招へい者5名の詳細は添付の「招へい者5名の詳細」をご確認ください。

主催・共催 外務省、ジェトロ
参加費 無料
定員 50名(先着順)※定員に達した場合のみご連絡します
※参加申し込み状況に応じ、1社あたりの参加者数を調整させていただくことがあります。

お問い合わせ先

お申し込み、会場に関して:
ジェトロ企画部 海外地域戦略班(担当:大野)
Tel:03-3582-5196
E-mail:Kozo_Ono@jetro.go.jp
内容に関して:
外務省 中東アフリカ局 中東第一課(担当:團)
Tel:03-5501-8313