1. サイトトップ
  2. イベント情報
  3. 「ミャンマー経済の基礎知識」発売記念セミナー

セミナー・講演会

「ミャンマー経済の基礎知識」発売記念セミナー

定員に達したため、募集は締め切りました。

1960年代初頭まで、ミャンマーは仏領インドシナ、タイと並ぶコメ輸出国として、東南アジアでもっとも豊かな国として繁栄しました。しかしその後、ビルマ式社会主義体制のもと閉鎖的な統治体制が敷かれ、極端な国有化政策が進められた結果、経済は破綻し、かつての繁栄から一転、世界の最貧国に転落しました。その後も長期にわたり低迷が続きましたが、2011年に新政権が発足すると、テインセイン大統領(当時)は次々と国内改革を実行し、ミャンマーは民主化に向け大きく舵を切りました。2016年には国民民主連盟(NLD)による新政権が樹立され、アウンサンスーチー氏は国家顧問、外相、大統領府相を兼務し、引き続き国内の経済改革に向け取り組んでいます。

ジェトロでは、こうしたミャンマーの社会、政治、経済、産業等につき、1988年の軍事政権時代から、今後の展望を含め調査を進めてきました。

このたび調査結果をまとめた書籍の刊行に併せて、著者によるセミナーを開催します。多くの皆様のご参加をお待ち申し上げます。

日時

2017年8月30日(水曜) 14時00分~16時00分(受付時間:13時30分~)

場所 ジェトロ本部  5階 展示場(港区赤坂1-12-32 アーク森ビル)
内容
講演「軍政による統治を経てミャンマーはどう変化し、今後どう進化していくか」

ジェトロ・アジア大洋州課 課長代理 水谷 俊博

会場では、新刊「ミャンマー経済の基礎知識」を一般発売にさきがけ特別価格で販売します。

主催・共催 ジェトロ
参加費
    1. 一般:4,000円(消費税等込み)
    2. ジェトロ・メンバーズ、農林水産情報研究会:

      1口につき先着2名様まで無料。3人目より4,000円(消費税等込み)/人。

      2名を超えるお申し込みがあった場合は、その旨を事務局より連絡し、出欠を確認します。

※東日本大震災による被災中小企業・中小企業団体様は、「被災企業・団体様向け有料サービスの無償提供のご案内」をご覧ください。

参加証は、「1.」無料の方は8月25日頃より、「2.」有料の方は入金確認後にメールにてお送りしますので、プリントアウトの上、当日お持ちいただき受付にてご提出ください。
(参加証がないとご入場できない場合がございますので、ご留意ください。)

定員 150名
※定員に達した場合は締め切り日前に受付を終了する場合があります。
お支払いについて

請求書を郵送します。(まずPDF形式でメールに添付してお送りし、追ってオリジナルを郵送します。)

2017年8月25日(金曜)までに銀行振込みにてお支払い願います。(振込手数料はご負担ください。)

※当日現金でのお支払いはセキュリティーの関係からお引受いたしかねますので、ご協力お願いします。

※お振込みいただいた参加費は、ご返金できかねますのでご了承ください。

お申し込み方法

イベント申し込みページで必要事項を入力・送信してください。※はじめてご利用の方はユーザー登録が必要です。

※複数名でお申し込みの場合も、お手数ですがお一人ずつユーザー登録および参加申し込みをお願いします。

お申し込み締め切り

2017年08月25日(金曜) 23時59分

お問い合わせ先

ジェトロ海外調査計画課・情報提供発信班(担当:守部、西田)
Tel:03-3582-5189 Fax:03-3582-5309 
E-mail:oraseminar@jetro.go.jp