1. サイトトップ
  2. イベント情報
  3. 米国輸出管理改革法セミナー

セミナー・講演会米国輸出管理改革法セミナー

定員に達したため、募集は締め切りました。

米国は2018年に成立した輸出管理改革法に基づいて、新興技術(emerging technologies)や基盤技術(foundational technologies)に関する輸出規制を進める意向を明らかにしています。当該法は、米国が安全保障上懸念している国を念頭に制定したものとされますが、日本企業も直接・間接的に影響を受ける可能性が指摘されています。

本セミナーでは、米国から前・商務省次官補(産業安全保障担当)で、輸出管理改革法の制定にも深く関与していたケヴィン・ウルフ氏を講師に招き、当該法の概要や日本企業への影響について解説します。皆様のご参加をお待ちしています。

日時

2019年1月30日(水曜)15時00分~16時30分(受付開始:14時30分)

場所 ジェトロ本部 5階 展示場(港区赤坂1-12-32 アーク森ビル)
内容
15:00-15:05
開会挨拶
15:05-15:50
講演「米国輸出管理法および規制の進展ついて」
"Developments in U.S. Export Control Law and Regulations"

前・米国商務省次官補(産業安全保障担当) Akin Gump Strauss Hauer & Feld LLP Partner ケヴィン・ウルフ 氏

15:50-16:30
質疑応答
16:30
閉会
主催・共催 ジェトロ
参加費 無料
定員 150名(申込受付順)
※定員になり次第締め切ります。
言語

日英同時通訳

お問い合わせ先

ジェトロ海外調査計画課・情報提供発信班 (担当:守部、田岡、板谷、清水)
Tel:03-3582-5189
E-mail:oraseminar@jetro.go.jp