1. サイトトップ
  2. イベント情報
  3. 新輸出大国コンソーシアム事業「外国人顧客おもてなし」ワークショップ

セミナー・講演会

新輸出大国コンソーシアム事業「外国人顧客おもてなし」ワークショップ

募集は締め切りました。

日本政府観光局によると訪日外国人観光客数は、2千万人を超え、4年連続で過去最高を更新しています。

愛知県においては2026年にアジア競技大会、2027年にリニア新幹線開通を予定しており、異文化理解の必要性がますます高まっています。そこでジェトロは、「簡単な英語やジェスチャーによるコミュニケーション」、「異文化を理解した上での誠意ある接客」等を参加型のワークショップ形式で学ぶ機会をご提供し、将来的に海外展開を目指す中堅・中小企業様の皆様のビジネス拡大をお手伝いします。増加する訪日外国人観光客等に自社ブランドやサービスの認知を向上させたいと考える皆様のご参加をお待ちしています。

※「新輸出大国コンソーシアム」とは、2016年2月に設立され、行政機関、政府系機関、地域の金融機関、商工関連団体など国内各地域の企業支援機関が結集し、海外展開を図る中堅・中小企業等に対して総合的な支援(無料)を行う枠組みです。

日時

2017年11月6日(月曜) 15時00分~17時30分(14時30分 受付開始)

場所 大府市役所 外部サイトへ、新しいウィンドウが開きます 2階 201会議室(大府市中央町5-70)
内容
15:00~15:05
開会
15:05~15:30
基調講演「インバウンドビジネスを活かして海外展開へ」

ジェトロ・ビジネス展開支援部 主査 松尾 修二

15:30~16:30
ワークショップ1「外国人顧客の接遇について」

神武 布佐子 氏(新輸出大国エキスパート)

16:30~17:30
ワークショップ2「簡単な英語やジェスチャーによるコミュニケーション」

池袋 美和子 氏(新輸出大国エキスパート)

講師
神武 布佐子 氏 (新輸出大国エキスパート)
国内大手航空会社での国際線客室乗務員勤務を経て、大手航空会社系列の研修・教育企業にて主にマナー研修、ホスピタリティトレーニングを中心とした研修講師を務める。その受講対象は中学生からビジネスパーソンと年齢、業界問わず、多岐にわたる。また、おもてなしに関する認定制度、コンテストでの審査員も務めるなど、企業の教育体系づくりなどにも係わっている。
池袋 美和子 氏(新輸出大国エキスパート)
英国大手航空会社で11年間客室乗務員を経験後、スーパーバイザーとなる。同社退職後、英語通訳案内士の資格を活かし、複数の大学にて異文化コミュニケーション講義、外国人ツアースポット通訳、ホテルや日本食レストランスタッフへの英語指導、インバウンド顧客に対する“おもてなし英語"の指導等に携わる。通訳案内士として最新のインバウンドの現場を熟知し、その知識と経験を生かした実践的な研修を行っている。海外渡航経験先は30カ国を超える。
主催・共催 大府市、ジェトロ名古屋
参加費 無料
定員 30名
(定員になり次第締め切ります。) 

お問い合わせ先

大府市役所 農政課 (担当:山口)
Tel:0562-45-6225 Fax:0562-47-7320
E-mail:nosei@city.obu.lg.jp

ジェトロ名古屋 (担当:大島)
Tel:052-589-6210 Fax:052-563-0170
E-mail:nag@jetro.go.jp