1. サイトトップ
  2. イベント情報
  3. 【ウェビナー・オンライン相談会】日EU EPA/TPP11活用ワークショップ(工業製品分野) ―原産地証明書作成のポイント解説します―

セミナー・講演会【ウェビナー・オンライン相談会】日EU EPA/TPP11活用ワークショップ(工業製品分野) ―原産地証明書作成のポイント解説します―

募集は締め切りました。

日EU EPA(経済連携協定)およびTPP11(環太平洋パートナーシップに関する包括的及び先進的な協定)を活用した関税優遇措置(関税引き下げ、または関税免除)を受けて輸出を行なう場合、輸出者、生産者(または輸入者)は自己証明による原産地証明書(または申告文)を作成する必要があります。

本セミナーでは、日EU EPA/TPP11の概要および原産地規則を説明するとともに、原産地証明書を作成するために確認すべき事項や必要な資料、具体的な作業手順など実際に書類を作成するためのポイントをワークショップ形式で解説します。海外への輸出をご検討の方、すでにEPAをご活用されている実務担当者の方は是非ご参加ください。

※ワークショップ終了後に個別相談会を実施します(2社限定/事前申し込み制)。

日時

2021年2月8日(月曜)14時00分~16時00分(13時40分~接続開始)

場所 オンライン開催 (ライブ配信)

Zoomのアプリケーションを利用

プログラム
ワークショップ
14:00
開会
14:05~15:45
「日EU/TPP11利用における原産性立証書類の作成方法」
15:45~16:00
質疑応答
個別相談会
  1. 16:10~16:40
  2. 16:45~17:15

※事前申し込み制(2社限定)。在岩手県企業を優先とします。

講師
東京共同会計事務所 トレード・コンプライアンス部 山崎 有沙 氏
【略歴】NYKバルク・プロジェクト株式会社にて法人営業として外航船舶の運航や収益管理、貨物の集荷営業といった貨物輸送に関わる業務を経験後、東京共同会計事務所へ入所。メーカーや商社への営業経験や貿易実務経験を活かし、相談者の立場に立ったEPAのアドバイスを行う。
主催・共催 ジェトロ盛岡
後援 いわて海外展開支援コンソーシアム、岩手県
参加費 無料
定員 20名
※東北6県に事業所を有する企業・団体・個人事業主の方限定。
Zoomご利用方法・留意事項等

お申込みの前に、「ウェビナーご利用条件・免責事項」をご覧ください。

ウェビナーご利用条件・免責事項

Zoom受講方法:
  1. 開催日までに各自の端末からZoom公式ページ「テストミーティング」にアクセスし、使用可否をご確認ください。
  2. テストミーティングに参加 - Zoom外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます

    Zoom公式ページにて、Zoomアプリをインストールしてください。(推奨)

    ダウンロードセンター - Zoom外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます

  3. 受講日前日までに、登録された個人メールアドレスに主催者から参加URL、パスワードが送信されます。
  4. 受講日当日、接続開始時刻(13時40分)以降に各自の端末から参加URLにアクセスし、申込時のメールアドレス、お名前を入力し受講してください。
留意・注意事項

※アプリケーションをダウンロードしてご利用の場合、現在のZoomの仕様では、自動アップデート機能がありません。使用する際には、必ず事前にバージョンを確認し、最新版に保った状態で使用するようにご留意ください。

※ZoomにかかるIDやURLがメール、SNS等で不用意に拡散されることのないようにご注意ください。

お問い合わせ先

ジェトロ盛岡 (担当:吉田、佐藤)
Tel:019-651-2359 Fax:019-622-1695 
E-mail:mor@jetro.go.jp