1. サイトトップ
  2. イベント情報
  3. インド水処理市場販路開拓視察・商談ミッション

海外現地視察(ミッション)

インド水処理市場販路開拓視察・商談ミッション

定員に達したため、募集は締め切りました。

人口13億人を抱えるインドは、年平均7%(2012~2016年)のGDP成長を誇り、高度成長期を迎えています。進出日系企業数も1300社を超え、2016年の日本からインドへの直接投資額は2015年比で2倍となり、製造業を中心に投資拡大が続いています。

他方、経済発展と都市部への人口集中による環境汚染は著しく、WHO発表の2016年環境汚染都市ワーストランキングでは上位20都市に10都市がランクインするなど、喫緊の対応を迫られています。水処理分野においては、下水処理場の増設や生産設備等における無排水化「ZLD:ゼロリキッドディスチャージ」が推進されており、企業各社は対応を迫られています。

こうした背景から、インドの水処理産業の市場規模は全体で2,400億ルピー(35億USドル)にのぼり、さらに今後数年間で15%以上の成長が見込まれています。このうち、産業分野での市場が全体の50%を占めていることから、今後、民間ベースでの水処理設備への投資拡大が予想されます。技術的ニーズとしては純水製造と汚泥処理、とりわけ処理膜、ポンプ、計装・分析機器等で高付加価値のある技術へのニーズが高いと言われています。また、ベンガルールでは、急激な人口増加によって上下水処理施設が不足しており、施設増設が見込まれています。(※添付の「インド水処理産業の市場規模」参照)。

こうしたニーズを踏まえ、ジェトロは拡大が続くインドの水処理産業へ、日本企業の参入を促すべく現地集合型のミッションを派遣します。同国での販路開拓・拡大を検討されている方は是非ご参加ください。

日時

2018年2月13日(火曜)~16日(金曜)

訪問都市 インド(ニューデリー、ベンガルール)
内容
現地での行動予定
2月12日(月曜)
ミッション参加者、ニューデリー到着
2月13日(火曜)
政府関係機関等からのブリーフィング、インド企業との商談会(ニューデリー)
2月14日(水曜)
工場の排水処理設備視察、大規模下水処理場視察、エンジニアリング企業訪問等(ニューデリー)
2月15日(木曜)
政府関係機関等からのブリーフィング、インド企業との商談会(ベンガルール)
2月16日(金曜)
工場の排水処理設備視察、大規模下水処理場視察、エンジニアリング企業訪問等(ベンガルール)
18時頃解散予定

※詳細は添付の「案内書」をご覧ください。

主催・共催 ジェトロ環境・インフラ課
参加費

参加費は無料
※渡航費、現地費(宿泊費、交通費、食費、海外旅行傷害保険その他雑費)等は自己負担・自己手配となります。

定員 20社程度
※お申し込み多数の場合、締切日を待たずに受付を終了させていただく場合があります。
※お申し込み人数が定員を上回る場合は、1社あたりの参加可能な人数を制限する可能性があります。

お申し込み方法

イベント申し込みページで必要事項を入力・送信してください。※はじめてのお申し込みの方は「お客様情報登録」(無料)が必要です。

お申し込み締め切り

2017年12月06日(水曜) 17時00分

お問い合わせ先

ジェトロ環境・インフラ課 (担当:井上、佐藤、吉田)
Tel:03-3582-5542 Fax:03-3582-7508
E-mail:mic@jetro.go.jp

ジェトロ・ニューデリー事務所 (担当:梅木、山本)
Tel:+91-11-4168-3006
E-mail:IND@jetro.go.jp

ジェトロ・ベンガルール事務所 (担当:土田、ディーパック(日本語可)、田代)
Tel:+91-80-4113-8168
E-mail:INL@jetro.go.jp