1. サイトトップ
  2. イベント情報
  3. CONNOISSEUR TOKYO2017 海外の「目利き」たちによるパネルディスカッション ‐各国のデザイン商品のトレンドとマーケット‐

セミナー・講演会

CONNOISSEUR TOKYO2017 海外の「目利き」たちによるパネルディスカッション ‐各国のデザイン商品のトレンドとマーケット‐

※お申し込み締め切りを、2017年10月25日(水曜) 23時59分 まで延長しました。

世界のCONNOISSEUR(コノシール:目利き)たちが、日本のデザイン製品をどう見ているのか。

デザイン製品市場においても国内外のボーダレス化が進む中、コノシールたちが考える世界のトレンド、商品選定のポイント、日本に対する期待などを、日本を代表するファッション・ジャーナリスト/アート・ディレクターの生駒芳子氏がモデレートして、掘り下げていきます。

今回ジェトロがパネリストとしてお声掛けしているコノシールは、デザイン製品を取り扱うミュージアムショップ、セレクトショップ、ライフスタイルショップのバイヤー9名です。各国のトレンド、マーケット、商品選定のポイントなどについて、生の声に触れることができる絶好の機会です。デザイン製品の海外展開を検討しているデザイナーやメーカーの方々は、是非ご参加ください。

※ジェトロは、「日本できちんとつくられたキラリと光るモノたち、生活必需品はそろっているけれどプラスアルファのこだわりで選ぶちょっとイイモノ、日本だからこそ見つかる、ユニークで可愛らしいモノ」を世界に紹介するため、「CONNOISSEUR TOKYO(コノシール・トウキョウ)」デザイン製品バイヤー招へい商談会を10月25(水曜)~26日(木曜)に開催します(募集締め切り済み)。本パネルディスカッションで登壇予定のCONNOISSEUR(コノシール:目利き)は、同商談会のバイヤーとしてジェトロがお声掛けしている方々です。

日時

2017年10月27日(金曜) 13時30分~16時30分(予定)※13時より受付開始予定

場所 国立新美術館 外部サイトへ、新しいウィンドウが開きます 3階 講堂(港区六本木7-22-2)
内容
登壇するCONNOISSEUR:9社

ミュージアムショップ 4社

セレクトショップ・ライフスタイルショップ 5社

※各バイヤーの詳細情報は、添付の「パネルディスカッション詳細・海外の目利きパネリスト(9社)の情報」をご確認ください。

モデレータ
生駒 芳子 氏 ファッション・ジャーナリスト/アート・プロデューサー

VOGUE、ELLEの副編集長、「マリ・クレール」の編集長を経て独立。ファッション、アート、デザインから、社会貢献、クール・ジャパンまで、カルチャーとエシカルを軸とした新世代のライフスタイルを提案。
地場産業や伝統産業の開発事業、地域開発など、地域創生に数多く取り組み、文化庁日本遺産のプロデューサー事業、レクサス匠プロジェクトアドバイザーなどを手掛ける。

パネルディスカッション概要
第1部:
パネルディスカッション(13:30~15:00)
CONNOISSEUR(コノシール:目利き)9社によるパネルディスカッションを行います。各国のトレンド、マーケット、日本製品のどこに魅力を感じているかなどについて、広くお話を伺います。
第2部:
グループディスカッション(15:00~16:00)
「世界に通用するものづくり」について、参加者とバイヤーがお互いの考え方を共有するグループディスカッション。これから世界を視野に日本企業がものづくりを行っていくうえでのヒントを探ります。

※バイヤーと直接ディスカッションできる座席が限られるため、参加者同士でディスカッションいただくグループとなる可能性があります。

第3部:
まとめのパネルディスカッション(16:00~16:30)
グループディスカッションで出たアイディアを全体にシェアしながら、世界を視野に入れたものづくりのありかたを考えます。
主催・共催 ジェトロ
参加費

無料

定員 200名程度(先着順。定員になり次第、締め切ります。)
※本パネルディスカッションはメーカーの方を対象としたイベントです。応募多数の場合は、他業種(コンサルティング企業等)からのご参加をお断りする場合がございます。予めご了承ください。

お申し込み方法

イベント申し込みページで必要事項を入力・送信してください。※はじめてのお申し込みの方は「お客様情報登録」(無料)が必要です。

お申し込み締め切り

2017年10月25日(水曜) 23時59分

お問い合わせ先

ジェトロ生活関連産業課
担当:春田、江上、大山(事務手続きについて:奈良)
Tel:03-3582-5015
E-mail:bm@jetro.go.jp