セミナー・講演会

米国食品安全強化法(FSMA)対策ワークショップ

募集は締め切りました。

米国では2016年9月より、国内に流通する食品に対し、食品安全強化法(FSMA)に基づきリスクの予防管理を義務付けています。2017年9月には、正規従業員500名未満の事業者に対する猶予期間が期限を迎え、対応を実施していない事業者は輸出が規制されます。

そこでジェトロ金沢では、米国向け輸出を行う食品関連事業者様を対象に、FSMA対策ワークショップを開催します。本ワークショップは、参加事業者様が要求基準をどの程度達成できているか現状を把握いただくとともに、適用期限に向けてどのように社内体制を整えていくべきかについてご理解いただく、実践的な内容となっています。米国向け食品輸出を実施している方や、輸出を検討されている方は、ぜひご参加ください。

日時

2017年3月16日(木曜)13時30分~16時30分(13時00分~受付開始)

場所 石川県地場産業振興センター 外部サイトへ、新しいウィンドウが開きます 新館5階 第13研修室(金沢市鞍月2-20)
内容
  • FSMAの概要と、求められる対応、対応の期限について
  • 「危害分析およびリスクに基づく予防管理」について
  • 演習(対応に向けたチェックリストとロードマップの作成)
  • FSMA対応に向けた公的な支援体制について
  • Q&Aセッション
講師

株式会社グロービッツ・ジャパン 代表取締役社長 春山 貴広 氏

主催・共催 ジェトロ金沢
参加費 無料
定員 40名
※先着順

お問い合わせ先

ジェトロ金沢 (担当:谷波、中田)
Tel:076-268-9601 Fax:076-268-9603 
E-mail:kan@jetro.go.jp