セミナー・講演会【ウェビナー】J-Bridgeアフリカローンチ「イノベーションが拓くアフリカの未来 ―協業でつかむビジネス機会―」

募集は締め切りました。

2022年8月4日(木曜)16時00分~17時45分(日本時間)、ジェトロと経済産業省は、アフリカローンチイベント「イノベーションが拓くアフリカの未来―協業でつかむビジネス機会―」を開催します。プログラムでは、「対談:飛躍するアフリカのスタートアップとイノベーション・エコシステム」や、「パネルディスカッション:協業によるシナジー創出~日本企業が語るアフリカ企業とのパートナーシップ事例~」を行います。また日本企業との協業に意欲を持つ、アフリカ有望スタートアップもご紹介します。 2022年8月4日(木曜)16時00分~17時45分(日本時間)、ジェトロと経済産業省は、アフリカローンチイベント「イノベーションが拓くアフリカの未来―協業でつかむビジネス機会―」を開催します。プログラムでは、「対談:飛躍するアフリカのスタートアップとイノベーション・エコシステム」や、「パネルディスカッション:協業によるシナジー創出~日本企業が語るアフリカ企業とのパートナーシップ事例~」を行います。また日本企業との協業に意欲を持つ、アフリカ有望スタートアップもご紹介します。

経済産業省とジェトロは2021年、国際的な​オープンイノベーション創出のためのビジネスプラットフォーム「ジャパン・イノベーション・ブリッジ(J-Bridge)」を立ち上げ、デジタルとグリーンの両分野で、日本企業と海外企業の協業・連携を支援しています。

この取組をさらに推進するため、第8回アフリカ開発会議(TICAD8)開催年という機会を捉え、2022年4月より、J-Bridgeのサービス展開地域をアフリカに拡大しました。そして今般これを記念して、TICAD8に先立ち、J-Bridgeアフリカローンチイベントを開催します。

アフリカでは近年、経済成長の牽引役として、スタートアップの存在感が飛躍的に高まっています。スタートアップ向け投資も大幅に増加し、アフリカ域外の企業との協業も多数生まれています。本ウェビナーでは、アフリカで萌芽するイノベーションと、それを生み出すスタートアップシーンに焦点を当て、日本企業とアフリカ企業の先駆的協業事例や、協業に意欲を持つ現地有望スタートアップを紹介します。

日時

2022年8月4日(木曜)16時00分~17時45分(日本時間)

場所 オンライン開催 (ライブ配信)

使用アプリケーション:Zoom

※イベント前日までにEメールでご案内する配信URLよりご参加ください。

プログラム
1. 開会挨拶
経済産業副大臣 細田 健一
ナイジェリア産業貿易投資大臣 オトゥンバ・アデバヨ
2. 対談
テーマ:飛躍するアフリカのスタートアップとイノベーション・エコシステム
スピーカー:CcHub外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます, 創設者・最高経営責任者, ボスン・ティジャニ 氏

ナイジェリア系英国人の起業家、汎アフリカのイノベーションイネーブラーであるCo-Creation HubのCEOとして、オープンイノベーションと社会資本を連携させ最前線で活動中。New Africa Magazineの「大陸で最も影響力のある100人」の1人に選ばれる。

インタビュアー:Kepple Africa Ventures外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます, ジェネラル・パートナー, 山脇 遼介 氏

2008年~在ボツワナ日本国大使館立ち上げに従事。ケニアナッツでのインターン(2011年)を経て、2012年~三井物産の金属資源部門にてアフリカのM&A案件に従事。2016年~ハース・ビジネススクールにてMBA取得。2018年より金融系スタートアップ「Crediation」をケニアにて起業。同時に、アフリカ特化VCファンドKepple Africa Venturesを運営し、累計100件超投資を実行。2022年4月、The Africa Reportでアフリカ向け投資家として4位にランクイン。

3. パネルディスカッション
テーマ:協業によるシナジー創出 ―日本企業が語るアフリカ企業とのパートナーシップ事例―

パネリスト:

モビリティ54外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます, ダイレクター・東アフリカ拠点長, 佐藤 大樹 氏

2009年に豊田通商に入社。自動車関連事業に従事したのち、2013年よりアフリカ事業に従事。2度のフランス駐在を経て2020年よりケニアに駐在。豊田通商グループのアフリカ・モビリティセクター向けCVCであるMobility54の設立から携わり、現在は同社ダイレクター兼ケニア拠点長として、東アフリカを中心にパートナーの発掘・シナジー組成に従事。投資先にナイジェリアで国際物流プラットフォームを展開するOnePort365がある。

欧州三井物産外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます, ナイロビ支店長, 高光 明博 氏

1994年三井物産入社。爾来、鉄鋼製品(建設用鋼材、ラインパイプ、投資・M&A等)に従事。2015年から3年間インド(デリー、ムンバイ)に駐在。2021年1月より欧州三井物産(株)ナイロビ支店長として赴任。鉄鋼、食料等の物流や、ETG等の投資先との連携に加え、REやSDGs関連の事業機会を模索。昨年12月、小規模農家の休耕地を活用した新しい商業植林事業を展開するスタートアップKOMAZAに投資。

武蔵精密工業外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます, e-PT開発部・e-PT戦略グループ グループマネージャー, 桜井 将敏 氏

2008年10月、武蔵精密工業へ入社。現二輪事業の営業、四輪の現L&S (Linkage & Suspension) 事業の営業を経て、2012年4月に中国へ赴任。市場が拡大していく中国で新工場の設立、拡張にも携わる。2021年に日本へ帰国後、同年8月より社内新規事業「ユニコーンプロジェクト」に参画。武蔵精密が出資するARC RideへのEV-Unit納品に向けてプロジェクトを推進中。

キラメックス外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます 代表取締役社長 兼 ユナイテッド外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます 取締役, 樋口 隆広 氏

2012年、スパイア(現ユナイテッド)に入社。インターネット広告代理事業に従事した後2015年より新規事業開発室にて新規事業開発を担当。2016年よりグループ会社であるキラメックスに参画。2018年6月同社代表取締役社長に就任(現任)。2022年6月ユナイテッドの取締役に就任。2021年に、エンジニアの育成から人材プレースメントまで一貫した教育事業モデルをナイジェリアと欧米でグローバルに展開するDecagonへ出資。

モデレーター:ジェトロ アフリカ総代表・ヨハネスブルク事務所長 石原 圭昭

4. J-Bridgeの紹介
ジェトロ 対日投資部長 河田 美緒
5. アフリカ有望スタートアップ紹介
  • Rology外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます(エジプト/ヘルステック)

    Rology

    放射線科医師の世界的な不足を解決するため、病院や検査センターと放射線科医師をオンラインで結ぶ遠隔放射線診断のプラットフォームを提供しており、エジプトでは既に80以上の病院と提携。

  • Amitruck外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます(ケニア/ロジスティクス)

    Amitruck

    運送業者と利用者をマッチングさせるB2Bプラットフォームを提供し、アフリカの物流業界の不透明さや煩雑さを改善。アプリケーション上で利用者と業者がマッチングし、また運送状況も確認可能。

  • InstaDeep外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます(チュニジア/AI)

    InstaDeep

    機械学習、予測分析などのAIプログラムを提供し、製造や物流、モビリティ、エネルギー、化学などさまざま産業分野で活用されている。近年はドイツ鉄道(Deutsche Bahn)の鉄道配車計画・管理自動化のためのAIシステム導入に向けた研究開発計画に参画し、またBioNTechとバイオテクノロジー最先端分野の研究協力契約を締結するなど、海外市場でのプレゼンスも高めている。

  • Autochek外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます(ナイジェリア/モビリティ)

    Autochek

    複数のディーラーと顧客がオンライン上で車両の販売・購入ができる自動車マーケットプレイスを提供。独自の中古車査定技術を用いることで、提携する70社の金融機関のローン審査を行うことが可能。また修理業者のメンテナンス予約システムも開発し顧客の安心・安全なカーライフサポートも提供。

  • Cellulant外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます(ケニア/フィンテック)

    Cellulant

    モバイルマネーやクレジットカード、銀行等、あらゆる支払い方法を可能とするシングルAPIの多機能決済プラットフォームを提供。シリーズCで約50億円を米ファンドから調達し、アフリカ大陸全土に事業を展開。

進行:ジェトロ・ラゴス 馬場 安里紗

6. 閉会挨拶
ジェトロ 理事長 佐々木 伸彦

※詳細は本ページ下部に添付の「イベント詳細情報」をご参照ください。
※言語:日本語・英語(日英同時通訳付き)
※プログラムに変更が生じる場合があります。

主催・共催 主催:経済産業省、ジェトロ
参加費 無料
定員 1,000名
ウェビナーご利用条件・免責事項、J-Bridgeのご案内

お申込みの前に、「ウェビナーご利用条件・免責事項」をご覧ください。
ウェビナーご利用条件・免責事項

Zoom利用方法
  1. 各自の端末からZoom公式Webページ「ダウンロードセンター」にアクセスし、Zoomアプリのダウンロードをして、インストールをお願いします。

    ダウンロードセンター - Zoom外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます

  2. 各自の端末からZoom公式Webページ「テストミーティング」にアクセスし、Zoomの使用可否をご確認ください。

    テストミーティングに参加 - Zoom外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます

  3. 受講日前日までにご登録された個人メールアドレス宛に主催者から当日参加用URLをお送りします。
  4. 受講日当日に各自の端末から、3.でお知らせした当日参加用URLにアクセスし、入室してください。

    ※その他詳しい受講方法については、受講日前日までにお知らせします。

必要機器・注意事項・留意事項等

※必要機器:パソコン(又は携帯端末)、ヘッドホン(イヤホン)

※注意事項:集団受講(端末1台で複数名受講)はご遠慮ください。

※ブラウザからご参加の場合、アプリケーションの参加に比べブラウザに種類やバージョンにより機能が制限される場合がございますので、アプリケーションのダウンロードを推奨します。

※アプリケーションをダウンロードしてご利用の場合、現在のZoomの仕様では、自動アップデート機能がありません。使用する際には、必ず事前にバージョンを確認し、最新版に保った状態で使用するようにご留意ください。

※ZoomにかかるIDやURLがメール、SNS等で不用意に拡散されることのないようにご注意ください。

ご案内:ビジネスプラットフォーム「J-Bridge」

ジェトロは、日本企業と海外スタートアップ企業等とのオープンイノベーションを推進しています。
J-Bridgeでは会員企業様に向け、海外有望企業情報の提供、海外企業との面談支援、専門家を通じた戦略策定・ビジネス開発支援などを提供します。ご関心の方はぜひ会員にお申し込みください。

※J-Bridge会員は当該企業が事業主体となって協業連携を目指す方を対象とします

J-Bridge全体像・会員お申込み
J-BRIDGE:連携・協業のためのビジネスプラットフォーム(ジェトロDXポータル - ジェトロ)

お問い合わせ先

ジェトロ DX推進チーム J-Bridge班(担当:秋野、山本、小谷野)

Tel:03-3582-5644

E-mail:DXPT@jetro.go.jp