セミナー・講演会【ウェビナー】特許庁委託事業「メタバースおよびNFTマーケットプレイスにおける知的財産権保護について」

募集は締め切りました。

昨今では、「メタバース」や「非代替性トークン(NFT)」が注目を浴び、それぞれアート、ゲーム、ファッション、コンテンツなどさまざまな分野への応用が始まっています。

インターネット上の三次元バーチャル空間などと称される「メタバース」は、それを構成するワールド、ユーザーの分身となるアバターその他のあらゆるオブジェクトがCGで表現されるため、現実空間におけるのとは異なった視点から、著作権、意匠権、商標権、不正競争防止法その他の各種知的財産権によるデザインなどの保護のあり方を改めて整理することが求められています。また、「NFT」は、ブロックチェーン(分散型台帳技術)上で発行・取引される、改ざん困難なシリアルナンバー・来歴証明付きデジタルデータなどと説明されています。その非代替性により高い資産価値やユーティリティを実現する手段として期待される反面、第三者によって無断でNFT化されるケースも多く、その場合に執行上の課題があるなどの問題点も指摘されています。

急速に拡大し、法制度やその運用の今後の更なる発展が望まれる中、メタバースおよびNFTマーケットプレイスにおける知的財産権保護は、権利者にとって重要な問題となっています。

本セミナーでは、エンタテインメント×ファッション×テクノロジーの知財法務に力を入れている弁護士の関真也氏をお招きし、法務の観点からメタバースおよびNFTマーケットプレイスにおける知的財産保護のポイントについて解説いただきます。

日時

2022年8月26日(金曜)日本時間14時00分~15時15分(受付開始13時30分~)

場所 オンライン開催 (ライブ配信)

使用アプリケーション:Zoom

内容
次第(予定)
14:00~14:45
メタバースおよびNFTマーケットプレイスにおける知的財産権保護について

関真也法律事務所 弁護士 関 真也 氏

14:45~15:00
質疑応答
15:00~15:15
IIPPF事業、インターネットプロジェクトチーム(PJ)の取り組みのご紹介
言語
日本語
講師

関真也法律事務所 弁護士 関 真也 氏

主催・共催 特許庁・ジェトロ
参加費 無料
定員 400名※定員に達し次第、締切となります。
Zoomご利用方法・留意事項等
ウェビナーご利用条件・免責事項

本イベントお申し込み前に、ウェビナーご利用条件・免責事項をご確認いただいてからお申し込みください。

ウェビナーご利用条件・免責事項

受講方法
イベント申込ページより申込後、Zoomの参加用URLおよびパスワードをお知らせします。
受講日当日、接続開始時間にお持ちの端末から参加用URLにアクセスし、パスワードを入力して受講ください。
※本セミナー運営のため、個⼈情報の取扱いを委託することがあります。この場合、ジェトロは個⼈情報の適切な管理能⼒を有することを条件とした委託先と、個⼈情報の取扱いに関する定めを締結します。
初めてZoomを利用する方(使用可否の確認)
開催日までに当日使用する端末にZoom公式ウェブページ「テストミーティングに参加ーZoom外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます」にて「Zoom」の使用可否を確認してください。
Zoomご利用の留意・注意事項
※アプリケーションをダウンロードしてご利用の場合、現在のZoomの仕様では、自動アップロード機能がありません。使用する際には、必ず事前にバージョンを確認し、最新版に保った状態で使用するようにご留意ください。
※ZoomにかかるIDやURLがメール、SNS等で不用意に拡散されることのないようにご注意ください。
※集団受講(端末1台で複数名受講)はご遠慮ください。
※受講後、オンラインでのアンケート回答にご協力をお願いいたします。ご回答いただきました皆様に、セミナーで提示しました資料をお送りいたします。(配布用に編集する場合がございますのでご了承ください。
※セミナーの録画・録音は固くお断りいたします。

お問い合わせ先

国際知的財産保護フォーラム(IIPPF)事務局(ジェトロ知的財産課)

(担当:(内容について)藤本、赤澤、刈屋/(出欠について)佐藤(眞)

Tel:03-3582-5396

E-mail:IIPPF@jetro.go.jp