1. サイトトップ
  2. イベント情報
  3. ジェトロ福井2019年度独自企画 国際取引における失敗例・リスクと契約書の役割・重要性

セミナー・講演会ジェトロ福井2019年度独自企画 国際取引における失敗例・リスクと契約書の役割・重要性

募集は締め切りました。

「海外商談会に参加し取引の意思が示され、後日英語の契約書が相手から送られてきたものの、初めての経験で契約書案にどう対応すべきか分からず困っている。」あるいは、「契約書なんてなくても大丈夫と思っている。」、さらには、「海外の会社から代金を回収できなかったことがある。」
そのような方を対象に海外展開や国際取引に際して起こった失敗例や問題を具体的にお話しし、このような失敗を避けるための、英文契約書を含め、契約書の役割、目的、種類、内容に関し平易に解説します。
海外展開や国際取引に際しては、そのリスクを知ることが重要であり、英文契約書に関しても、よくあるパターンを知りその意味を理解することが重要です。
本セミナーでは、これから海外事業を担当する方、または今年海外事業担当となって契約書業務を開始した人を対象に、契約書の基礎知識を獲得する目的で開催いたします。

尚、受講者様と講師とで実際の契約交渉さながらに課題検討を行う模擬交渉を取り入れたワークショップについても現在ご案内中ですのでセミナーとあわせてご利用ください。

日時

10月2日(水曜) 13時00分~15時30分 (12時30分 受付開始)

場所 福井商工会議所 2階E会議室(福井市西木田2-8-1)
内容

プログラム

  1. 海外展開や国際取引における失敗例、リスク
  2. 契約書の必要性と役割
  3. 契約書の種類
  4. 契約書の典型的な用語、用法

 国際取引や海外展開において重要なポイントとなるのが、いかに自社にとって有利で、かつ、相手との間でWin-Winとなる契約を締結することです。本セミナーでは、そのような観点で、海外展開や国際取引において実際に発生した問題を指摘しながら、海外展開・国際取引におけるリスクの把握と契約書についての基礎知識を獲得することを目指します。

※テキスト:清水弁護士手作り

講師
清水健史総合法律事務所 弁護士 清水 健史 氏 プロフィール
国際取引契約を数多く手掛ける福井県内随一の弁護士。司法試験合格後、東京の外資系法律事務所(ベーカー&マッケンジー外国法事務弁護士事務所(外国法共同事業))に勤務し、その後、地元である福井にて、清水健史総合法律事務所を開設。企業法務(特に、海外進出や企業再生、倒産、契約交渉等)だけでなく、家事事件や刑事事件も含めて、あらゆる案件に対応している。
主催・共催 ジェトロ福井
後援 ふくい貿易促進機構、福井商工会議所
参加費

3,000円(ただし、福井県貿易振興協議会企業、ジェトロメンバーは2名まで無料。)

定員 30名

お問い合わせ先

ジェトロ福井 (担当:大滝・池應<イケオウ>)
Tel:0776-33-1661 Fax:0776-33-7110 
E-mail:fki@jetro.go.jp