海外現地視察(ミッション)モロッコ・グリーンビジネスミッション

募集は締め切りました。

お申し込み締め切りを、2023年1月20日(金曜)17時00分まで延長しました。

ジェトロは、再生可能エネルギー導入に熱心に取り組むモロッコ政府や関連機関の協力を得て、モロッコ・グリーンビジネスミッションを派遣します。

本ミッションでは、モロッコの再生可能エネルギー政策・計画や開発研究の現状の把握に努めるとともに、モロッコの産学官のキープレーヤーとの面談機会を可能な限り多く設定し、モロッコとのビジネスネットワーク構築を支援いたします。皆様のご参加をお待ちしております。

モハメッド6世ポリテクニーク大学(ジェトロ撮影)

モハメッド6世ポリテクニーク大学(ジェトロ撮影)

モロッコのグリーンビジネスの概要については、以下もご参照ください。

日時

2023年2月28日(火曜)午後~3月3日(金曜)午前

※オプションプログラムにも参加の場合は2023年2月27日(月曜)~3月3日(金曜)

訪問都市 モロッコ(カサブランカ、ラバト、ベンゲリール等)
内容
募集対象
モロッコのグリーンエネルギービジネスに関心を有し、貿易・投資等のビジネス展開を希望する日本企業。
スケジュール
  1. 1日目(2月28日) 午後のみ 【場所:カサブランカ】
    • 日モロッコビジネスフォーラム(仮称)
    • レセプション/ネットワーキング
    ※モロッコの代表的な企業が多数参加します。フォーラムのプログラムは、決まり次第ご案内します。現状、1.製造ハブとしてのモロッコ、2.グリーン成長機会、3.農業変革の3つのテーマ別セッションで構成予定です。
  2. 2日目(3月1日) 終日 【場所:ラバト】
    • モロッコのエネルギー政策等の概要説明
    • 関係省庁(エネルギー省、投資省等)表敬、参加日本企業の事業紹介及び意見交換
  3. 3日目(3月2日) 終日 【場所:ベンゲリール】
    再生可能エネルギー共同研究施設(Green Energy Park, モハメッド6世ポリテクニーク大学等)を視察
  4. 4日目(3月3日) 午前のみ 【場所:カサブランカ】
    電力・電子・再生可能エネルギー関係企業との意見交換、参加日本企業による事業紹介及びネットワーキング
オプション日程
  1. 2月27日 終日 【場所:タンジェ】
    アフリカ最大規模のコンテナ港タンジェ、フリートレードゾーン(自動車関連製造業等)視察
  2. 2月28日 午前 【場所:カサブランカ】
    カサブランカ市内視察(ハッサン2世モスク)
  3. 3月3日 午後 【場所:カサブランカ】
    カサブランカ市内視察(スーク)
言語
フランス語、英語
※フランス語のみ日仏逐次通訳がつきます。(英語の場合、日英通訳のご用意はありません。)
主催・共催 ジェトロ
協力 AMDIE, FENELEC, MASEN, Cluster GreenH2, AMEE, IRESEN
後援 在モロッコ日本国大使館、モロッコ エネルギー移行・持続可能な開発省
参加費

実費

※詳細は「募集案内」をご参照ください。

定員 15名(最少催行人数:10名)
※参加ご希望者が定員数を上回る場合、現地協力機関と相談の上、選考させていただくことがあります。また、1社より複数名でご登録いただく場合、1名でのご参加をお願いする可能性がございます。
注意事項・免責事項
注意事項
  1. 本ミッションは、現地集合・現地解散型です。集合場所までの往復移動手段(航空券・タクシー等)の手配及び費用は参加者様のご負担になります。その他の費用詳細については、添付の募集案内の「参加費用」の項目を改めてご確認ください。
  2. 訪問先・視察先等及び各日のスケジュールは現時点での予定であり、変更の可能性がございます。
  3. 日本国籍保有者は、90日以内の滞在であれば、査証の取得が免除されています。ただし、パスポートの有効期限が3か月+滞在日数以上あることを確認したうえで渡航準備をお願いします。
  4. モロッコ入国に際する新型コロナウイルス感染予防措置について、2022年11月14日現在、PCR検査の陰性証明書やワクチンパス(電子媒体あるいは紙媒体のワクチン接種証明書)の提示は不要であり、入国に必要な書類は「旅行者衛生フォーム(Fiche Sanitaire du Passager)」のみです。在モロッコ日本国大使館は、渡航前に当局のウェブサイト経由でフォームを入手し、記入しておくことを推奨しています。
  5. モロッコでは、日本と比較して治療費・入院費等が高額となるケースがありますので、不測の事態に備え、100%カバーされ、キャッシュレスで受診することのできる海外旅行傷害保険への加入をお勧めします。
  6. 本ミッションの視察先や訪問先において、各企業様個人で行動されることは原則として認められません。主催者側による引率の指示に従って行動をお願いします。
  7. 視察先企業との競合上の理由により、一部の参加者に対して特定の視察先への訪問が許可されない場合がございます。
  8. 申し込みフォームにご記入いただく情報のうち、「参加者ご氏名」、「貴社名」、「ご所属部署名・役職」及び「貴社事業概要」については、ミッション催行時の交流用に参加者リストとして提供させていただく予定ですので、予めご了承ください。
  9. ミッション期間中、メディアの取材が入る可能性がございますので、予めご了承ください。
  10. ジェトロでは、ミッション期間中に発生した参加者に係る携行品盗難・携行品損害、疾病治療費用等につき、一切負担できかねます。
  11. 本ミッションの全日程において、感染症予防対策を徹底するようお願いします。感染者、感染の疑いがある方及びこれらの方々との濃厚接触者は、本ミッションに参加できません。万一、ミッション期間中に感染、感染疑いあるいは濃厚接触者に該当することが判明した場合には、主催者の指示にしたがっていただきます。
  12. ジェトロからのご参加確認及び催行決定の通知を受け取ったのちに、航空券等の手配を開始いただくようお願いします。
  13. ミッション終了後、ジェトロが成果把握等を目的として実施するアンケートにご協力ください。
免責事項
  1. 本ミッションが中止もしくは延期となった場合、または、新型コロナウイルス感染拡大防止策として、開催地への入国や本ミッションの運営に関し、ワクチン接種等の新たな義務や条件が追加された場合等、申込者の責によらない事由により参加できなくなった場合においても、一切の損害(航空券代等のキャンセル料を含みますが、これに限られません。)については、ジェトロはこれを負担しません。
  2. 本ミッション参加中に体調不良となった場合、現地での感染防止対策、情報提供に関しまして、ジェトロは最大限のサポートはさせていただきますが、現地での新型コロナウイルスへの感染・発症リスク、現地での治療・隔離措置等に伴う滞在期間延長またはその他の不測の事態に伴い発生する費用・損失等に関しては、一切補償できませんことをご承知おきください。
  3. 天災地変、戦乱、暴動、現地の輸送・宿泊機関等のサービス提供の中止、官公署の命令その他ジェトロの関与しえない事由等により本ミッションが中止された場合においても、予約されたホテル、航空券等のキャンセル料その他の経費・損害をジェトロが補填することはいたしませんので、予めご了承ください。

お問い合わせ先

ジェトロ 新興国開発ビジネス課 開発支援班(担当:堀内、和泉)

Tel: 03-3582-5170 / E-mail: bde-event@jetro.go.jp