1. サイトトップ
  2. イベント情報
  3. エチオピア市場開拓・農業資機材商談会

海外現地視察(ミッション)エチオピア市場開拓・農業資機材商談会

募集は締め切りました。

※募集期間を6月20日(水曜)17時00分まで延長しました。

ジェトロでは、エチオピアの農業資機材分野の市場開拓を目的に、日本企業の皆様の製品を現地関連企業にPRするための機会を提供するとともに、個別商談会を開催します。

繊維・縫製などを中心に、軽工業ハブを目指すエチオピアですが、農業は依然としてGDPの4割、雇用では7割を占める基幹産業です。近年では、花き・園芸作物の新たな生産・輸出拠点としても注目されており、バラはアフリカでケニアに次ぐ輸出国となっています。国内には農産物・食品加工の集積を目指す工業団地なども整備されつつあり、国連工業開発機関(UNIDO)などが支援しています。

ビジネス環境では、慢性的な外貨不足などの懸念もありますが、中央銀行が肥料・農業資機材を外貨割当の優先分野に区分するなどの配慮がみられる分野でもあります。政府は輸出の拡大と外貨収入の増加に熱心なため、農業関連分野の産業高度化、輸出拡大に必要な資機材・技術・サービスの供与には十分なチャンスがあると考えられます。

日本企業の皆様の農業資機材・技術・サービスの販売や提携先発掘、現地生産等の計画を一歩進める機会として、ぜひご参加・ご活用ください。

日時

2018年7月12日(木曜)~13日(金曜)

訪問都市 エチオピア・アディスアベバ
内容
日程(予定)
1日目
  • (午前)オリエンテーション、日本大使館表敬訪問
  • (昼)エチオピアの農業関連企業・団体との交流会
  • (午後)ワークショップ

    ※各社製品・技術・サービスをエチオピアの農業関連企業・団体に紹介していただきます。

  • (夜)レセプション
2日目
  • (午前)個別商談会
  • (午後)政府機関・業界団体・企業訪問等

※ワークショップ・個別商談会は英語で行っていただきます(通訳無し)。
※日程は変更となる可能性があります。

対象分野
農業資機材(肥料・農薬、農業機械、農機具、包装資材等)
ご参加にあたっての留意事項
プログラム開始前に次の準備をいただける方を前提にお申し込みを受け付けます。
  1. 黄熱病の予防接種

    査証取得時に義務付けられている訳ではありませんが、感染地域からの入国には必要です。またエチオピアからの出国後、他国への入国時や経由地等でイエローカードの提示が求められることがあります。詳しくは医療機関にご相談ください。「世界の医療事情 エチオピア」外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます(外務省ウェブサイト)でもご確認いただけます。

  2. マラリア予防薬、高血圧など持病のある方の英語の処方箋の持参

    アディスアベバは標高が高く、マラリア感染の危険性は少ないとされています。予防薬の処方につきましては医療機関にご相談ください。また持病がある方は、現地で医師の診察を受ける可能性を考えて、英語の処方箋をご用意いただくようお願い致します。

  3. ビザの取得

    ビザを取得の詳細につきましては各地のエチオピア大使館にご確認ください。日本での手続きは在日エチオピア大使館のウェブサイト外部サイトへ、新しいウィンドウで開きますをご参照ください。ビザ申請に際し、招へい状が必要な方はジェトロにて発行します。

※詳細は添付の案内書にてご確認ください。

主催・共催 ジェトロ途上国ビジネス開発課
ジェトロ・アディスアベバ事務所
参加費

参加費:無料

※本イベントは「現地集合、解散」型です。現地への往復航空券、現地集合場所までの交通費、宿泊費、食費、海外旅行保険・賠償責任保険等はご自身で手配をお願いいたします。
※会場費、公式行事としての交流会/レセプション経費、集合場所から訪問先への移動手段等はジェトロが負担、手配いたします。

定員 8社8名(最少催行人数:4社4名)
※定員になり次第、募集を終了させていただきます。
※参加は、原則1社あたり1名までとさせていただきます。
※お申込書の内容により、参加をお断りさせていただくことがございます。

お問い合わせ先

日本国内企業の方
ジェトロ・途上国ビジネス開発課 (担当:小西、山田)
Tel:+81-(0)3-3582-5170
E-mail:BDC@jetro.go.jp
在外日系企業の方
ジェトロ・アディスアベバ事務所 (担当:脇田)
Tel:+251-(0)11-667-4630
E-mail:EAD@jetro.go.jp