1. サイトトップ
  2. イベント情報
  3. 【食品輸出・ウェビナー】アフターコロナを見据えたビジネスチャンス ―ベルリン・パリ―

セミナー・講演会【食品輸出・ウェビナー】アフターコロナを見据えたビジネスチャンス ―ベルリン・パリ―

このたびジェトロでは、日本産食品の輸出拡大を目指す事業者様向けのウェビナーを開催します。

各地の現状を現地在住の専門家がコンパクトにお伝えするセミナーです。

各地の現状を知り、今後のビジネスの準備にお役立ていただきたく是非ご視聴ください。

※本事業は、農林水産省からの補助金により実施するものです。

日時

配信日時:2021年9月22日(水曜)10時00分~11月21日(日曜)10時00分
※期間中いつでもご視聴可能です

場所 オンライン開催 (オンデマンド配信)
内容
ベルリン:
講演題目
「コロナ禍で変化したドイツ市場の今」
講演時間
:20分程度
概要
ドイツは人口8300万人で、GDPは日本に次いで世界4位です。
コロナ禍で社会・経済、消費者行動が大きく変化しているドイツ市場。キャッシュレス化、Eコマース、宅配・デリバリーが増え、消費者は健康志向、オーガニック食品、持続可能性をより強く意識しています。これらを踏まえたうえで、ウィズ・コロナの中でドイツ市場への日本食品参入のヒントになれば幸いです。
パリ:
講演題目
「アフターコロナを見据えたビジネスチャンス」パリ編
講演時間
:20分程度
概要
食の都パリ。世界中の食材が集まり、豊かな食文化が花開くここパリにおいても、新型コロナウイルスの影響は大きく、消費者の趣向や市場のニーズは大きく変化しました。転換期を迎えた食品市場をめぐる情勢を、世界のトレンドを決定づけると言っても過言ではないパリのレストランの現況から考察するとともに、アフターコロナを見据えた日本食品のビジネスチャンスについて、現地関係者の生の声を交えてお伝えします。

※本セミナーは録画による配信のため、視聴の際に質問をお受けすることが出来ません。

講師
  • ジェトロ・ベルリン事務所 海外コーディネーター(農林水産・食品分野) 西岡 宏
  • ジェトロ・パリ事務所 海外コーディネーター(農林水産・食品分野) 相原 由美子
主催・共催 ジェトロ農林水産・食品市場開拓課
参加費 無料
ご参考(ウェビナーご利用条件・免責事項/輸出相談サービスについて)
ウェビナーご利用条件・免責事項

お申し込みの前に、「ウェビナーご利用条件・免責事項」をご確認ください。

ウェビナーご利用条件・免責事項

海外コーディネーター(農林水産・食品分野)による輸出相談サービス

無料の輸出相談サービスを行っておりますので、ぜひご利用ください。
※「国・地域」が限定されています。

E-mail相談(無料):
現地の最新トレンドや競合製品、商習慣等の調査を行い、A4版で1、2枚程度の回答をご提供します。
オンライン・ブリーフィング(無料):
現地の食品市場について海外コーディネーターが情報提供を行います。
※対象者限定サービスとしてご案内しておりますが、日本産農林水産物・食品輸出の場合は、対象外の事業者様でもお申し込みいただけますので、ぜひご利用ください。
※お申し込みの際は必ず連絡事項欄に「海外コーディネーター(農水分野)によるオンライン・ブリーフィング希望」と明記してください。

お申し込み方法

イベント申し込みページで必要事項を入力・送信してください。※はじめてのお申し込みの方は「お客様情報登録」(無料)が必要です。

お申し込み締め切り

2021年11月20日(土曜) 23時59分

お問い合わせ先

ジェトロ農林水産・食品市場開拓課 (担当:箕浦、大原、野村)
Tel:03-3582-5649
E-mail:afa-cdr@jetro.go.jp