1. サイトトップ
  2. イベント情報
  3. タイ・バンコク「THAIFEX 2018」 ジャパンパビリオン

展示会・商談会[出展募集]タイ・バンコク「THAIFEX 2018」 ジャパンパビリオン

募集は締め切りました。

タイ・バンコクにて開催される「THAIFEX 2018外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます」は、タイ最大級の総合見本市であり、タイ市場への販路開拓を目指す我が国企業等にとって効果的な見本市です。

ジェトロは、本見本市に「ジャパンパビリオン」を設置することにより、日本の食品・飲料等の魅力を国際的にアピールするとともに、タイ市場への新規参入・販路拡大を目指す我が国企業等を支援することで、タイさらにはアジア全体への輸出拡大を目指します。

日時

2018年5月29日(火曜)~6月2日(土曜)

場所 IMPACT展示会場(タイ・バンコク郊外の大型展示会場)外部サイトへ、新しいウィンドウが開きます Impact Hall 4(Muang Thong Thani 99 Popular Road, Banmai Subdistrict, Pakkred District, Nonthanburi 11120, Bangkok, Thailand)
ジャパンパビリオン概要
THAIFEX2018外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます」開催概要:
会期
:2018年5月29日(火曜)~6月2日(土曜)
会場
:IMPACT展示会場外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます
主催
:ケルンメッセ株式会社
ジャパンパビリオン概要:
主催
:ジェトロ
募集小間数
:56小間程度 ※1小間=9平方メートル
出品内容
:タイで販売可能な日本産の生鮮品、日本産原料を使用した加工品及び日本国内で生産された他国産原料を使用した加工品
有望商品
:牛肉(赤身、交雑牛、ホルスタイン雄、ホルモン)、水産・水産加工品、菓子類(特に、現地小売価格100THB以下販売可能な商品、知育お菓子)
出品企業のコース分け:
  1. 新規商流構築コース(現地商流がなく、インポーターとの成約を目指す企業)
  2. 販路開拓コース(すでに現地パートナーがいる、現地レストラン・小売店等末端 ユーザーへの売り込みを目指す企業)
参加費
出品料:
  • 通常出品枠:240,000円/小間(ジェトロメンバーズ、農林水産情報研究会割引料金:216,000円)
    ※但し、国費を財源とした他の補助金を利用する場合は、480,000円
  • ニューチャレンジャー枠:60,000円/枠(ジェトロメンバーズ、農林水産情報研究会割引料金:54,000円)
    ※但し、国費を財源とした他の補助金を利用する場合は、120,000円
出品料について:
  • 出品料について出品料は、中小企業を対象にスペース使用料の1/2以上を受益者負担として設定しています。大企業および海外在住の本邦企業は全額負担となります。
  • 中小企業とは、「中小企業基本法」の定義に基づきます。資本金基準・従業員基準のいずれかを充たす法人を中小企業とします。中小企業を対象とした料金にてお申し込みいただけるのは、
    1. 同法に定める日本国内の中小企業(参考:中小企業庁ウェブページ「中業企業の定義外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます」(外部サイト)
    2. 同法に定める中小企業を取りまとめる業界団体 等
    に限ります。

ただし、条件に該当する企業・業界団体等であっても国費を財源とした他の補助金等(※)を充当して出品する場合にあっては、スペース使用料の全額を負担いただく必要があります。

(※)他の補助金の例としては「輸出に取り組む事業者向け対策事業(農林水産省)」、「ジャパンブランド育成支援事業(経済産業省)」など。

割引料金について:
  • ジェトロ・メンバーズは会員特別料金として10%の割引をします。(年間総額75,600円まで)
  • 農林水産情報研究会会員は会員特別料金として10%の割引をします。(年間総額54,000円まで)
  • 両会員の場合は、どちらかの割引を適用します。

※いずれにも該当しない場合でも、出品と同時に会員にお申し込みいただいた場合は各会員の割引を適用します。詳細は「ジェトロの会員制度」をご参照ください。

定員 56小間程度
(通常出品枠:54小間程度、ニューチャレンジャー枠:4枠程度)  
規制等の参考情報

※制度上、日本からタイへ輸出可能なものに限ります。規制の最新情報については、以下のウェブサイトを参照ください。
※酒類の輸出にはサンプル輸出であっても「酒類販売業免許」を持つ輸入者が必要となります。
※最新の規制情報は、お申込みいただいた都度個別にご案内させて頂きます。

農林水産省:

※タイは、平成27年5月1日から一部の野生動物肉を除き全て解除

ジェトロ:
動物検疫所:
水産庁:

※平成27年5月1日より日本産水産物の輸入規制が撤廃され、産地証明書または放射性物質検査報告書の添付等が不要となりました。

お問い合わせ先

応募に関するお問い合わせ:

ジェトロ農林水産・食品部 THAIFEX2018 ジャパンパビリオン事務局
(担当:三好、福田、河浦)
Tel:03-3582-5546 Fax:03-3582-7378
E-mail:afb-thaifex@jetro.go.jp

タイへの輸出に関する規制関連のお問い合わせ:

農林水産物・食品輸出相談窓口
Tel:03-3582-5646
(平日)9時00分~12時00分/ 13時00分~17時00分(祝祭日・年末年始を除く)
※最寄のジェトロでもご相談を受け付けています。
(ご参考)「国内事務所一覧」(国内事務所 - ジェトロについて - ジェトロ)