1. サイトトップ
  2. イベント情報
  3. 中国・青島「China Fisheries and Seafood Expo 2018」ジャパンパビリオン

展示会・商談会[出展募集]中国・青島「China Fisheries and Seafood Expo 2018」ジャパンパビリオン

募集は締め切りました。

中国・青島にて開催される「China Fisheries & Seafood Expo 2018(CFSE 2018)外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます」は、アジア最大級の水産専門見本市であり、中国への販路開拓を目指す我が国企業等にとって効果的な見本市です。

ジェトロは、本見本市に「ジャパンパビリオン」を設置することにより、日本の水産品の魅力を国際的にアピールするとともに、中国及びその他アジア市場への新規参入・販路拡大を目指す我が国企業等を支援し、さらなる輸出拡大を目指します。

日時

2018年11月7日(水曜)~11月9日(金曜)

場所 Qingdao International Expo Center外部サイトへ、新しいウィンドウが開きます (7-1 Wen Quan 2nd Road, Qingdao, China)
内容
China Fisheries & Seafood Expo 2018外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます 概要
会期
:2018年11月7日(水曜)~9日(金曜)
会場
:Qingdao International Expo Center(中国・青島)
主催
:Sea Fare Expositions, Inc.
ジャパンパビリオン概要
会期
:2018年11月7日(水曜)~9日(金曜)
主催
:ジェトロ
共催
:水産物・水産加工品輸出拡大協議会
参加ホール
:Hall E2(予定)
募集枠数
:7小間程度(※1小間=約9平方メートル)
  1. 通常出品枠:6小間程度
  2. ニューチャレンジャー枠:1枠程度
出品内容
水産物・水産加工品および関連製品
(中国で販売可能な日本産食品もしくは日本産原料を使用した食品に限る)
有望商品
  • ホタテ、ブリ・ハマチ、マグロ
  • 練り製品
  • 水産加工用原料(サケ、マス、スケトウダラなど)
参加費
出品料
  • 通常出品枠:260,000円/枠(会員割引料金:234,000円)
    ※但し、国費を財源とした他の補助金を利用する場合は、520,000円
  • ニューチャレンジャー枠:65,000円/枠(会員割引料金:58,500円)
    ※但し、国費を財源とした他の補助金を利用する場合は、130,000円
出品料について
出品料は、中小企業を対象にスペース使用料の1/2以上を受益者負担として設定しています。大企業および海外在住の本邦企業は全額負担となります。

中小企業とは、「中小企業基本法」の定義に基づきます。資本金基準・従業員基準のいずれかを充たす法人を中小企業とします。中小企業を対象とした料金にてお申し込みいただけるのは、

  1. 同法に定める日本国内の中小企業(参考:中小企業庁ウェブページ「中業企業の定義」外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます
  2. 同法に定める中小企業を取りまとめる業界団体 等

に限ります。ただし、条件に該当する企業・業界団体等であっても国費を財源とした他の補助金等(※)を充当して出品する場合にあっては、スペース使用料の全額を負担いただく必要があります。
(※)他の補助金の例としては「品目別等輸出促進対策事業(農林水産省)」、「ジャパンブランド育成支援事業(経済産業省)」など。

会員割引料金について
  1. ジェトロ・メンバーズは会員特別料金として10%の割引をします。(年間総額75,600円まで)
  2. 農林水産情報研究会会員は会員特別料金として10%の割引をします。(年間総額54,000円まで)
  3. 両会員の場合は、どちらかの割引を適用します。

いずれにも該当しない場合でも、出品と同時に会員にお申し込みいただいた場合は、各会員の割引を適用します。詳細は「ジェトロの会員制度」をご参照ください。

お問い合わせ先

応募に関するお問い合わせ
ジェトロ農林水産・食品部 China Fisheries & Seafood Expo 2018(CFSE 2018)
ジャパンパビリオン事務局(担当:清島、那須川、豊田)
Tel:03-3582-5546、Fax:03-3582-7378
E-mail: afb-cfse@jetro.go.jp
中国市場への輸出に関する規制関連のお問い合わせ
ジェトロ農林水産物・食品輸出相談窓口
Tel:03-3582-5646(受付時間:平日9時00分~12時00分/13時00分~17時00分(祝祭日・年末年始を除く))
最寄りのジェトロ国内事務所でもご相談を受け付けています。