1. サイトトップ
  2. イベント情報
  3. 「Summer Fancy Food Show 2020」ジャパンパビリオン

展示会・商談会[出展募集]「Summer Fancy Food Show 2020」ジャパンパビリオン

募集は締め切りました。

ジェトロは「Summer Fancy Food Show 2020外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます」に「ジャパンパビリオン」を設置することにより、日本産農水産物・食品の魅力を国際的にアピールするとともに、米国市場に対する輸出拡大を目指します。市場に未だ流通していない日本産食品を売り込みたい事業者、付加価値の高い商品を売り込みたい事業者のお申し込みをお待ちしています。

日時

2020年6月28日(日曜)~6月30日(火曜)

場所 The Jacob K. Javits Convention Center外部サイトへ、新しいウィンドウが開きます Level 3(予定)(429 11th Avenue, New York, NY)
ジャパンパビリオン概要
ジャパンパビリオン概要:
設置期間
: 2020年6月28日(日曜)~30日(火曜)
主催
: ジェトロ
参加ホール
: Level 3 、Hall3E(予定)
予定規模
: 3,400平方フィート (約316平方メートル)(うち企業ブース約260平方メートル(28小間)程度)
対象出品物
: 米国で販売可能な日本産農林水産・食品、又は日本産原料を使用して海外で生産された農林水産・食品 
有望商品:

米国のバイヤーからの関心が高い商品です。出品審査の際、加点項目にもなります。

  • オーガニック食品
  • グルテンフリー食品
  • ビーガン向け食品
  • 非遺伝子組換え食品
  • 調味料
  • 菓子類
  • その他(ゆず製品等)
主催・共催 ジェトロ
参加費
出品料:
  • 通常枠:

    中小企業料金=320,000円/小間
    全額負担料金=480,000円/小間

  • オープンスペース枠:

    中小企業料金=160,000円/枠
    全額負担料金=240,000円/枠

出品料について:
  • 中小企業等は、スペース使用料の1/3が補助されます。大企業および日本企業の海外支社等は補助を利用できません。また中小企業等であっても、国費を財源とした他の補助金(※)を利用する場合は補助を利用できません。
  • 従来、「2017年度からカウントして、ジェトロが主催した同一見本市への出品が4回目以上の事業者は全額負担」となる旨ご案内しておりましたが、今回の募集に限っては4回目以上の事業者であっても全額負担料金の対象とはしません(複数回連続出品事業者の適切な取り扱いにつき農林水産省と再度調整中のため)。出品回数は、出品形態(代表企業、孫企業)に関わらず、出品物を持つ事業者である場合にカウントしますが、ニューチャレンジャー枠での参加はカウントしません。
  • 中小企業の定義は「中小企業基本法」に基づきます。同法の資本金基準・従業員基準のいずれかをみたす法人を中小企業とします。中小企業を対象とした料金にてお申し込みいただけるのは、以下の場合です。
    1. 同法に定める日本国内の中小企業(参考:中小企業庁ウェブページ「中業企業の定義」外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます
    2. 中小企業料金で参加できる企業等を取りまとめる団体

(※)他の補助金の例:品目別等輸出促進対策事業(農林水産省)、ジャパンブランド育成支援事業(経済産業省)

会員割引料金について:
  • ジェトロ・メンバーズは会員特別料金として10%の割引をします。(他のイベント等で受けた割引を含め、年会費相当額が年間割引上限となります)
  • 現在会員でない場合でも、出品と同時に会員にお申し込みいただけば割引を適用します。詳細は「ジェトロの会員制度」をご参照ください。

お問い合わせ先

応募に関するお問い合わせ:
ジェトロ農林水産・食品部 農林水産・食品事業推進課
Summer Fancy Food Show 2020 (担当:下元、那須川)
Tel:03-3582-5546、Fax:03-3582-7378
E-mail:afb-sffs@jetro.go.jp
米国への輸出に関する規制関連のお問い合わせ:
ジェトロ農林水産物・食品輸出相談窓口
Tel:03-3582-5646(受付時間:平日9時00分~12時00分・13時00分~17時00分)
最寄りのジェトロ国内事務所でもご相談を受け付けています。