1. サイトトップ
  2. イベント情報
  3. バンコク 日本産農水産物・食品輸出商談会 2019

展示会・商談会[出展募集]バンコク 日本産農水産物・食品輸出商談会 2019

募集は締め切りました。

タイは日本からの農林水産物・食品の輸出先として第7位(2018年、金額ベース)となっています。富裕層を中心に“本物”の日本食の味を求める消費者が多数存在するなど成熟度も高く、今後の日本食品の輸出先としても有望な市場です。また、ASEANにおける物流・商流のハブともなっており、周辺国・地域のバイヤーの商品買い付けの場にもなっています。

ジェトロは同国向けの更なる輸出拡大に向け、バンコクで商談会を開催します。タイ市場への新規参入もしくは販路拡大にご関心のある事業者の皆様は、是非この機会をご活用ください。

日時

2019年10月9日(水曜)、10日(木曜)
※詳細は添付「募集案内書」2ページ目の「スケジュール」をご参照ください。

場所 バンコク (市内のホテル ※参加確定後にご連絡します。)
内容
スケジュール
9日(水曜)
  • 午前:参加者向けオリエンテーション、商談会(オリエンテーション後、全社参加)
  • 午後:商談会(全社参加)
10日(木曜)
食品コーディネーターとの個別相談会(希望者のみ)
募集対象
日本産農水産物・食品を取り扱う企業、農業法人および生産者団体等

※応募の際に次の3コースからいずれかをお選びいただきます。

  1. 新規商流構築コース(現地商流がなく、輸入業者との商談を目指す方向け)
  2. ニューチャレンジャーコース(過去5年以内に海外輸出経験がない方向け)
  3. 販路拡大コース(現地に商流があるものの、新たな輸入業者、小売店やレストラン等への売り込みを行いたい方向け)
必須条件
試飲・試食のためのサンプルを現地商談会にて提供ができること
意思決定権のある方の当日商談会ご参加
商談相手
タイの輸入業者、小売業者、レストラン関係者(バイヤー、シェフ等)等
対象商品
タイへ輸出可能な日本産の農林水産物・食品全般
有望品目
規制対応している商品
青果物(いちご、日本なし等)、菓子類(低価格商品:現地価格100TH以下(PHO規制対応しているもの))
その他
水産物・水産加工品、牛肉(赤身、交雑牛、ホル雄)
主催・共催 ジェトロ農林水産・食品事業推進課
参加費

商談会参加費は無料。

本商談会は「現地集合、現地解散」型です(現地への往復航空チケット、宿泊ホテル等は各自手配の上、ご自身でご移動願います)。

その他、ジェトロが提供するサービスと、同サービスには含まれないもの等ございますので、詳細は添付「募集案内書」3ページ目の「費用等について」をご確認ください。

定員 30社(内 ニュー・チャレンジャーコース:5社)

お問い合わせ先

ジェトロ農林水産・食品事業推進課 (担当:西村、丸山、那須川)
Tel:03-3582-5546 Fax:03-3582-7378
E-mail:afb-bizmatch@jetro.go.jp