1. サイトトップ
  2. イベント情報
  3. 農林水産省補助事業:米国食品安全強化法セミナー:自己点検編「危害分析と予防管理のための10のポイント―FDA査察とFSVPに備えて」

セミナー・講演会農林水産省補助事業:米国食品安全強化法セミナー:自己点検編「危害分析と予防管理のための10のポイント―FDA査察とFSVPに備えて」

募集は締め切りました。

ジェトロは、農林水産省補助事業「米国食品安全強化法(FSMA)対応支援事業」の一環として、米国食品医薬品局(FDA)による食品施設の査察や外国供給業者検証プログラム(FSVP)に備え、米国の食品安全規制に基づく危害分析と予防管理のためのポイントを解説するセミナーを開催します。

セミナーでは、Q&Aセッションの形式で、2017年12月に実施した「米国食品安全強化法 食品安全計画ワークショップ―FDA査察に備えて―」において、米国専門家が模擬査察の視点から共通して確認した点や、必ずおさえておきたいポイントを解説します。あわせて、これまでの実際のFDAによる査察(製造業者/輸入業者)において確認・指摘された点や、FSVPで米国の輸入業者が確認・重視しているポイントをお伝えします。

FDAによる査察や輸入業者によるFSVPに基づく安全検証に備え、本セミナーを食品安全計画の自己点検のための機会としてご活用ください。米国向けに食品の輸出を行っており、FDAによる査察を控えた方や、予防管理適格者(PCQI)として活動する方、または米国向けに食品の輸出を行っているメーカーに原材料を供給しているサプライヤーの皆様のご参加をお待ちしています。

※本セミナーは「ライブ配信」(オンラインでの中継)を行います。遠隔地でご来場が難しい場合等、是非ご利用ください。

日時

2018年2月19日(月曜)14時00分~16時00分(13時30分 受付開始)

場所 ジェトロ  5階 ABC会議室(港区赤坂1-12-32 アーク森ビル)
プログラム
14:00~14:15
「米国食品安全強化法(FSMA)の概要と最新動向」
ジェトロ・シカゴ事務所 ディレクター 笠原 健
14:15~15:45
「危害分析と予防管理のための10のポイント―FDA査察とFSVPに備えて」
モデレーター:ジェトロ 農林水産・食品課 調査チーム
回答者:ジェトロ・シカゴ事務所 ディレクター 笠原 健、調査チーム
15:45~15:55
質疑応答
15:55~16:00
ジェトロのFSMA対応支援事業紹介、CSアンケート記入、終了

※登壇者や講演タイトル・内容等は変更になる可能性がありますので、予めご了承ください。

※本セミナーは食品安全計画の自己点検ができる内容となっていますので、参加される方は、自社の食品安全計画(「持参資料」欄参照)をご準備ください。

主催・共催 ジェトロ
参加費 無料
定員 100名(先着順)
※定員になり次第、締め切らせていただきます。
持参資料

セミナーの場で、より効率的に食品安全計画の自己点検を行っていただくため、可能な限り次の文書をご持参ください。(※ジェトロへの提出は不要です。)

  1. 危害分析表
  2. プロセス管理計画
  3. アレルゲン管理計画
  4. 衛生管理計画
  5. サプライチェーン管理計画
  6. リコールプラン

お問い合わせ先

ジェトロ農林水産・食品課 調査チーム(担当:伊藤、竹内、高松)
Tel: 03-3582-5186 / Fax: 03-3582-7378
E-mail: fsma@jetro.go.jp