1. サイトトップ
  2. ジェトロ活用事例
  3. リーテック株式会社(英文名 Re-teck Co.,Ltd):新しいビジネスモデルで国内産業に新風を吹き込む

新しいビジネスモデルで国内産業に新風を吹き込む

top.jpg

リーテック株式会社(英文名 Re-teck Co.,Ltd)

電子部品のリサイクルと再販を通じてグローバルサービスを展開する香港企業が、ジェトロの対日投資支援を受けて、大阪と首都圏に進出。

大阪府守口市 <外国企業誘致> 対象国・地域:日本

IT 機器のリバースサプライチェーンマネジメント

リーテックは、香港を本社とするグループ企業で、アジア諸国、欧米等世界22カ国29カ所に拠点を置き、エレクトロニクス部品のリサイクル処理及び再販ビジネスを展開している。

米国大手IT企業や日本の大手電機メーカー等多くの世界的企業を顧客に持つ同グループは、再生部品を電子部品メーカーに再販する際に、販売ルートや価格を開示して元のメーカーに一定の利益を還元する"レベニューシェアリング"を採用しており、新しいビジネスモデルを構築してグローバルにシェアを拡大している。

同社が活用したジェトロの主なサービス・支援

2012年9月 対日投資コンサルティング
2012年10月~2013年5月 対日投資・ビジネス・サポートセンター(IBSC大阪/IBSC東京)に入居

顧客の求めで日本市場に参入

グループでは従来、中国工場で電子部品のリサイクル処理を行っていた。日本に進出している外資系企業等から日本国内での処理を希望する声が多かったため、日本への参入方法を模索していたところ、まさにタイミングよく適任の人物(現日本法人代表)と出会った。当時、現地法人設立の道を選んだ同社は、ジェトロ香港から対日投資事業について案内を受け、日本進出に向けて動き出した。

大阪を日本での展開のスタート地点とし、ジェトロのIBSC大阪に入居。そこで会社設立に関する手続き(登記、税務、ビザ、労務)や人材採用に係る情報提供(人材派遣会社紹介)、京都府庁や大阪府庁等地元自治体への紹介等、様々なジェトロのサポートを受けた。対日投資アドバイザーから自治体の助成金やインセンティブに関する情報提供を受けて、2012年度の「大阪府外資系企業等進出促進補助金」に申請、約1,000万円強の補助金の交付が決定したほか、人材面では、ジェトロ大阪本部で面接したことで信頼感が増し、日本の大手電機メーカー出身の優秀な専門家スタッフを3名採用することができた。

日本展開のファーストステップとして2012年10月に大阪に日本法人を設立した同社は、次なるステップとして首都圏への二次投資を決め、2013年5月、ジェトロ本部の支援によりIBSC 東京に入居、東京都八王子市において、国内で一連のリサイクル処理を行えるテクニカルセンターを設立した。その後、業務拡大に伴い同年12月に神奈川県相模原市に移転。さらに東京都心の新宿及び千葉県内にセールスオフィスの設置を検討している。

image.jpg

香港工場内での電子機器解体作業の様子

リユースマーケットの創造を目指して

「廃棄費用をゼロにする」という新しいビジネスで、日本におけるリユースマーケットの創造を目指す同社は、関西では国内関連企業を、関東では外資系企業及び通信キャリア企業を対象に事業を展開していく計画。その後は、東北や九州地方の企業と連携して拡大展開していく考えで、人材確保のため、今後120名程度の雇用を計画している。

ジェトロ担当者からの一言コメント

"リバースサプライチェーンマネジメント"のコンセプトをIT機器のリサイクル事業に導入した「売上金額の一定割合を元メーカーに還元するプロフィットシェアリング方式」は日本産業界初のケースであり、顧客との「Win-Win」の関係構築は大変ユニークである。事業自体がグローバルオペレーションとして発展する可能性をもち、国内産業に新風を吹き込むと考察する。

ご利用いただいたジェトロのサービス

リーテック株式会社(英文名 Re-teck Co.,Ltd)

大阪府守口市八雲中町二丁目7-24
Tel:06-6995-4411
http://reteck.co.jp/外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます
従業員:10名 資本金:3,000円

2014年3月

関連情報

ご相談・お問い合わせ

現地日系企業の皆様

最寄りのジェトロ事務所にご連絡ください。