1. サイトトップ
  2. ジェトロ活用事例
  3. 南日本酪農協同株式会社:「霧島」ブランドをアジアの市場へ

「霧島」ブランドをアジアの市場へ

top.jpg

南日本酪農協同株式会社

アジアで開催されるジェトロ主催の食品見本市への出展や香港での試飲会等のプロモーション活動を通じて、競合の多い香港市場でおいしくて安全な牛乳として認知を広める。

宮崎県都城市 <輸出> 対象国・地域:香港、台湾、シンガポール、インドネシア等

南九州の酪農家たちが作った会社

1960年に宮崎県南部酪農協同組合の牛乳製造販売事業を引き継ぎ株式会社となった南日本酪農協同は、南九州の酪農家が生産した生乳を処理・販売する一貫体制を確立し、消費者に新鮮な牛乳・乳製品を供給することを目的に設立された。

「デーリィ牛乳」に代表される同社の牛乳は、南九州の酪農家から集められた新鮮な生乳を近くの工場に運び製品化される。鮮度が高くおいしい牛乳は、地元を中心に広く親しまれている。後に、全国に生産拠点、事業所を持つ九州最大の牛乳・乳製品のメーカーに成長した同社は、国内需要の縮小に備えて海外に目を向けており、2008年以降、海外市場の足場作りに努めている。

同社が活用したジェトロの主なサービス・支援

2011年~現在 ジェトロ鹿児島主催のセミナーに多数参加
2011年~ 2013年 「Food Expo」出展(香港)
2011年10月 「海外バイヤー招へい商談会in 大分」参加
2013年6月 「Food Taipei」出展 (台湾)

香港市場における霧島ブランドの認知拡大を目指して

同社は、輸出用常温保存牛乳の賞味期限を60日から90日に延長するなど品質の向上に努力を重ね、直接貿易に必要なライセンスを取得し、2010年9月に「デーリィ霧島山麓牛乳」を初めて香港に輸出した。その後、社内の営業体制を整えるため、11年3月に海外事業推進室を発足し、香港以外の東アジア地域への販路開拓・拡大に向け尽力している。

ジェトロの活用においては、日頃からジェトロ鹿児島が主催するセミナーなどに積極的に参加して海外マーケット情報を収集しており、ジェトロ主催の商談会にも参加している。また、「Food Expo」(香港)に2011年から3年連続で出展するなど、アジアで開催されるジェトロ主催の食品見本市に積極的に出展している。さらに、コーディネーターによるアドバイスや、出展料補助などジェトロのサービス・支援を効果的に活用し、新規商談取引の獲得や商流の拡大につなげている。

また同社は、2010年12月から1月にかけて日本の同業他社も多く参入する香港市場に向けて自社商品をPR するため、初めて百貨店やスーパーで試飲試食会を開催した。その後も月1回以上のペースで試飲販売を継続中である。子供や主婦層のファン獲得に向けて、現地インポーターの意見を参考に販促グッズ(T シャツ・バッグ)を制作し、積極的にプロモーション活動を行った。同社の「霧島」ブランドはおいしさと安全・安心の両面から富裕層を中心に人気が広まり、主に現地の小売店に供給され、牛乳、飲料水併せて20フィートコンテナを月1本ペースで継続的に輸出している。

image.jpg

「Food Expo 2012」出展風景

ASEAN 諸国へのアプローチ

同社は、輸出開始当初の約10倍の実績を上げ、香港市場における量販店への配荷は目標をほぼ達成した。香港においては、業務用など新たなチャネルへの配荷を目指すと同時に、グローバル人材の活用も検討する。また、東南アジア諸国連合(ASEAN)を対象に、特にタイ、マレーシアのバイヤーにアプローチしていく考えで、今後もジェトロの事業を効果的に活用していく。

ジェトロ担当者からの一言コメント

宮崎県と鹿児島県の県境にある立地的利点を活かし、ジェトロ鹿児島が主催するセミナーに積極的に参加されていほか、当事務所発行のメールマガジン(さくら通信)も購読されており、ジェトロ鹿児島は的確な情報発信で同社をサポートしている。

ご利用いただいたジェトロのサービス

南日本酪農協同株式会社

宮崎県都城市姫城町32街区3号
Tel:0986-23-3456
http://www.dairy-milk.co.jp/外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます
従業員:495名 資本金:4億8,000万円

2014年3月

関連情報

ご相談・お問い合わせ

現地日系企業の皆様

最寄りのジェトロ事務所にご連絡ください。