1. サイトトップ
  2. ジェトロ活用事例
  3. 株式会社 フードランド:メイド・イン・ジャパン食材の魅力を世界に発信

メイド・イン・ジャパン食材の魅力を世界に発信

top.jpg

株式会社フードランド

日本食材の魅力を世界にPR するため、海外の食品展示会で地元産の三ヶ日みかんを使った加工食品を紹介。オールジャパンの支援体制のもと、海外市場開拓に取り組む。

静岡県浜松市 <輸出> 対象国・地域:米国、フランス、韓国、台湾等

「三ヶ日みかん」の加工食品を開発

静岡県浜松市三ヶ日町で食肉販売業を営むフードランドは、近年、地元産の「三ヶ日みかん」を使った加工食品の開発に取り組み、メイド・イン・ジャパン食材の魅力を世界に発信している。

三代目の中村社長は、地元旅館からの依頼をきっかけに「三ヶ日みかん」を使ったジュースの開発に着手することになり、みかん収穫時に大量発生する出荷不適合品の再利用を思いついた。中村社長は、学生時代に米国留学や食肉専門の業界学校で学んだ食肉加工法をみかんに応用し、みかんを皮ごとペースト化することに成功。みかんは、皮ごと加工することでビタミン等の栄養素が保持され、みかん本来の酸味を引き出すことができる。このペースト化技術の発見がベースとなり、現在は大量生産の体制を整え「三ヶ日みかん」を使ったシャーベットやモナカ等の新商品が次々と生み出され、大手・有名メーカーからの引き合いも増えている。

同社が活用したジェトロの主なサービス・支援

2011年6月~ ジェトロ静岡に貿易投資相談
2012年2月 海外ブリーフィングサービス(ソウル事務所)
2012年9月 「米国食品市場開拓セミナー」参加
2013年1月 「Winter Fancy Food Show」出展

オールジャパン体制で海外に挑戦

2010年、同社ではフランスのパティシエからオファーを受け、業務用のみかんペーストを輸出したところ、類をみない丸ごとのみかん味がフランスで大ヒットした。その後、ジェトロの食品輸出アドバイザー(現専門家)との出会いもあり、中村社長は地元のメンバーとジェトロ主催のセミナーに参加するようになった。

現在、同社はジェトロ以外にも浜松市やJAPAN ブランド育成支援等、各方面からのサポートを受け、“オールジャパン”体制で海外市場の開拓に取り組んでおり、フランス以外に、美容・健康意識の高い韓国や日本食人気の高い米国市場にチャレンジしている。

2013年に米国で開催された「Winter Fancy Food Show」には、各県の一流食品メーカーとコラボレーションした商品を持って参戦、そのユニークさが人気を集めた。同社のみかんペーストは、世界に類をみない「オンリーワンの加工原料」であり、発想次第でどんな商品ともマッチングが可能、海外にはまだない新しい商品が生み出されている。

同展示会への出展をきっかけに、米国市場への輸出体制を社内で構築することもでき、現在、米国輸出に必要な手続きを行い、米国市場への輸出に向けて大手日系食品商社と契約を進行中である。

image.jpg

「2013 San Francisco Winter Fancy Food Show」 出展風景

地方の魅力をPR

三ヶ日町観光協会会長も兼任する中村社長は、「地方の魅力発信」をテーマに日本各所からのオファーで講演を行い、忙しい毎日を送っている。

貿易については、まだスタートしたばかりで、課題をひとつひとつクリアしている段階であり、2014年度も「WinterFancy Food Show」に出展した。ジェトロに対しては、展示会でのフォロー、マッチング先の紹介に期待する。

ジェトロ担当者からの一言コメント

ジェトロでは、その都度中村社長のご相談にお応えする形で情報提供を続けてきた。浜松市と連携し、輸出プロジェクトに携わる三ヶ日町の菓子屋、食品メーカーを対象とした「米国輸出勉強会」を開催。米国食品安全強化法への対応法を紹介し、FDA の施設登録を一緒に行った。

ご利用いただいたジェトロのサービス

  • 展示会・商談会への参加
    海外販路開拓のきっかけとなる展示会・商談会への出展をサポートします。
  • 貿易投資相談
    本部(東京)、大阪本部、国内各地の貿易情報センターなどでは、お客様から電話、Fax、E-mailで寄せられるご相談にお答えします。

株式会社フードランド

静岡県浜松市北区三ヶ日町三ヶ日843
Tel:053-525-0186
http://www.foodland.co.jp/外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます
従業員:50名 資本金:1,500万円

2014年3月

関連情報

ご相談・お問い合わせ

現地日系企業の皆様

最寄りのジェトロ事務所にご連絡ください。