1. サイトトップ
  2. ジェトロ活用事例
  3. 青木フルーツホールディングス株式会社:海外店舗を通じて、日本フルーツのおいしさを広める伝道師になりたいです

青木フルーツホールディングス株式会社

海外店舗を通じて、日本フルーツのおいしさを広める伝道師になりたいです

郡山駅前に店を構えたバナナ問屋を前身とし、現在は厳選したフルーツをジュースやタルトなさまざまなスタイルで提供する。タイ・バンコクの「サイアム高島屋」内に初の海外店舗をオープン

福島県郡山市 ウェブサイト外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます

展開国・地域:
2018年 タイ
事業内容:
フルーツ販売、フルーツジュース製造販売、フルーツタルト製造販売

代表取締役会長兼社長 青木 信博 氏

フルーツ文化創造企業として、日本から世界に

ライフスタイルの変化に合わせて、気軽にフルーツを食べられるようにと2002年6月にジューススタンドをオープンしました。弊社は“フルーツ文化創造企業”を唱えています。これは、フルーツの本当のおいしさとフルーツがもつ健康を世に広めていく想いを表します。現在はフルーツタルトのカフェなど、国内で合わせて200店舗以上を展開しています。一方で世界の人口はこの50年間で、それまでの倍以上となる約40億人も増加しています。おそらく100億人を超えると考えています。そのなかで日本のおいしいフルーツを世界の人に食べてもらわないといけない時代が必ずくると確信し、海外進出を決めました。フルーツの消費を増やし、農業も盛んにしていきたいという思いもあります。弊社は海外初進出なので、ジェトロからタイへの進出経験がある専門家を派遣していただき、現地法人の設立から運営まで幅広くお世話になりました。

国内展開はフルーツショップ7店、フルーツバー189店、フルーツタルト&カフェ15店
(2019年2月現在・写真は郡山市の八山田本店)

治安の良さや文化などを複合的に考え、進出先を選定

弊社の社員は9割が女性です。海外進出した場合、短期から長期の出張が想定されますから、進出先を選ぶ際に気をつけたのは治安の良さでした。また、弊社は健康のためにジュースを販売していますから、発展途上国ではなく、健康を気にする人が多い、ある程度社会が成熟したエリアを選ぶ必要もありました。そこで、候補としたのがタイのバンコクです。ジェトロの専門家のアドバイスを受けながら、現地法人を設立し、2018年11月にジューススタンドをオープンしました。タイはフルーツがたくさんあるイメージですよね。でも、それはマンゴーやパイナップルなど熱帯実。温帯で育つリンゴや桃、ぶどうは日本から輸入をして味わうことになりますので、日本のフルーツがもつおいしさを伝えられていると思います。現在は、よりタイの方に飲みやすいように提供したいと考えているところです。

バンコクにオープンした「Fruits Bar KARIN」

20種類以上のタルトを作る工場併設の本社

海外進出がもたらす、意識の変化と業務への影響に期待

今後3年間で、タイ国内に5店舗は展開したいと考えています。それまでは赤字を覚悟していますが、逆に国内の店舗で使用するマンゴーをタイで冷凍し、輸入するということも始めました。現地法人があることで情報を得やすくもなりましたし、タイへの足がかりがあることが会社にとってプラスに働いていると思います。実際に海外に出て、感覚として世界との距離が非常に近くなりました。それは私だけではなく、社員の意識にも影響していると感じています。弊社のような中小企業が海外に進出したからといって、すぐに大幅な収益増にするのは難しいと思います。しかし、例え1店舗だとしても海外に店舗があるということが、日本国内での業務の視野も広げ、会社の成長に繋がると考えています。海外進出を考えている企業さんは、お金のことに限らず進出の意義を考え、整理し、大いに挑戦して欲しいです。

ジェトロ福島からのポイント

海外進出を目指し2013年からジェトロを活用して情報を収集され時期を窺っていたところ、2018年に成長著しいバンコクの新規日系百貨店立ち上げの話があり照準を当てました。準備を進めるなかで具体的な実務上の疑問点が浮上しました。労働許可の申請に向けたビザの取得、現地従業員採用の際の労働許可の申請、原材料の輸出にかかる加工品輸出登録などでしたが、面談で専門家から的確なアドバイスを受け、実現へのロードマップが鮮やかに描けました。実務に対する不安が払しょくされ大きな推進力になり、海外出店第1号店オープンを迎えられました。

ご利用いただいたジェトロのサービス

  • 新輸出大国コンソーシアム
    日本企業の海外展開を支援する全国のあらゆる支援機関が結集し、海外展開にご関心をお持ちの中堅・中小企業の皆様へワンストップの支援サービスを提供します。

青木フルーツホールディングス株式会社

福島県郡山市
aoki-group.com外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます
代表者:青木 信博
設立年:1924年5月
従業員:2,390名(内・正社員260名)
事業内容:フルーツ販売、フルーツジュース製造販売、フルーツタルト製造販売

2019年3月

関連情報

ご相談・お問い合わせ

現地日系企業の皆様

最寄りのジェトロ事務所にご連絡ください。