1. サイトトップ
  2. ジェトロ活用事例
  3. 株式会社グランプラス:高級チョコレート菓子を世界へ

株式会社グランプラス
高級チョコレート菓子を世界へ

農林水産物・食品

本場ベルギー製のチョコレートを使用し、日本人の嗜好に合わせた高級チョコレート菓子を製造・販売している。「グランプラスはチョコレートを中心としたデザート作りを通じてお客様の食生活に彩りをご提供します。」を企業理念に、千葉県企業およびベルギー企業などとの合弁により1991年(平成3年)に創業。

千葉県八街市ウェブサイト外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます

マレーシアでも人気を誇るペカンナッツショコラ

工場稼働率を上げるための1つの取組として

国内のチョコレート市場は、バレンタインを中心とした冬場に需要が集中します。したがって、それ以外の時期の工場稼働率を上げることが経営上の課題でした。夏場でも消費が見込まれる販売先およびOEMではなく当社が主体となって販売できる自社ブランドのマーケットを拡大する方法を検討していました。国内事業が堅調で余裕のある現在だからこそ、将来の国内人口減少などの国内のリスクを想定し、海外事業に着目しはじめました。

その最中、ジェトロ千葉が事務局を務める「千葉ブランド農水産物・食品輸出協議会」(以下「ブランド協議会」)が2004年に発足。縁あって当社社長が同協議会の初代会長に就任しました。ブランド協議会の取り組みの一環で、海外展示会に出展したことがファーストステップとなりました。2012年、社内に海外担当者を任命し、本格的に海外展開へ取り組むことにしました。

しかし、海外展開は初めての取り組みであり、国内商売との違いに大変戸惑いました。貿易実務に精通した人材が不足していた当社にとって、各国の輸入規制、マーケット特有の商習慣に関する情報不足は悩みの種でした。海外展示会に申し込みをしたものの、何から手を付けてよいかもわからない状況であったため、電話、メールでジェトロに相談し、1つずつ解決しながら海外市場に挑んでいきました。

当社のフットワーク×ジェトロのネットワーク

ジェトロをはじめとする国内の各種セミナーなどで情報を収集し、ブランド協議会が出展する海外展示会の機会を積極的に活用。現地での当社商品の反応を探りつつ販路構築を目指しました。

2015年、アンテナショップを運営する企業がマレーシアにオープンする商業施設内で取り扱う商品を探してジェトロに訪れました。ジェトロ千葉経由で当社に引き合いがあったのをきっかけに商品を提案したところ、前述の店舗での取り扱いが決定。これまでマレーシアにディストリビューターやパートナーがなかった当社にとって、同社との取引は大きな転機となりました。日本での輸出業務は先方が行うため、当社は商品の国内渡しをするだけで取引を完結することができます。コストや人材をかけずリスクを軽減しながら販路構築ができたことは、重要なポイントだったと感じています。

同年のマレーシアでの食品展示会「FHM」では、取引先社長にも当社ブースで販促支援をしてもらうなど、着実に関係を強化することができました。現在も毎年一定量を納品し、常時取り扱いを継続しています。その後、ジェトロが国内で開催する輸出協力企業交流会なども活用し、国内の輸出商社とのネットワーク拡大に積極的に取り組んでいます。

2016年からは、ジェトロの「新輸出大国コンソーシアム」に登録し、専門家のアドバイスを受けながら更なる販路拡大を目指しています。2017年に出展した「THAIFEX」(タイ)、「Food expo」(香港)では、専門家による商談サポートを受けることで、マカオで有力なパートナーの発掘に至りました。また、取引先候補のフォローアップのための出張にも同行してもらい、商談を効果的に進めることができました。担当専門家とは、国内でも定期的に面談を実施し、海外販路開拓戦略、販売ルート構築について検討しています。現在は、バンコクの高級ショッピングモールでの催事が決定するなど、新たな市場での取り組みも進めています。

展示会など様々な機会に可能な限り顔を出し、そして必要が生じた際に適切なジェトロのサービス、ネットワークを有効活用することで当社は、これまでの様々な引き合いを成約につなげることができました。ネットワークを広げることで、人脈・チャンスも広がり、業界でも徐々に知名度が上がってきていると感じています。今後は2020年度までに輸出を全社売上構成比の10%とする目標を達成するべく、小売店に加えて、B to Bへの展開も強化していきたいと考えています。

この目標を達成するための課題は人材です。マンパワーの不足により活動に支障をきたさないよう、また社内での輸出に対する意識が高まっていることを背景に、海外担当者(国内業務を兼務)を増員しました。

ジェトロ活用のメリット

食品業界、小売店業界での経験、ネットワークを豊富に持つジェトロ専門家が当社担当となり、定期的な面談によるアドバイス、海外展示会などでの商談サポートを得られることは、大きな後押しとなっています。些細な事項でもジェトロ千葉に相談すれば、解決の糸口が見つけられるという安心感があります。今後も日頃から活用していきたいと思います。

ジェトロ千葉 安長裕から

新たな販路を労を惜しまず模索され、その過程でジェトロを有効にご活用いただいています。本当においしいチョコレートなので、海外でもより多くの方にご賞味いただけることを心待ちにしてます。

写真 ジェトロ千葉 安長 裕

株式会社グランプラス
代表取締役 野村英雄

ご利用いただいたジェトロのサービス

  • 展示会・商談会への参加
    海外販路開拓のきっかけとなる展示会・商談会への出展をサポートします。
  • 貿易投資相談
    本部(東京)、大阪本部、国内各地の貿易情報センターなどでは、お客様から電話、Fax、E-mailで寄せられるご相談にお答えします。
  • 新輸出大国コンソーシアム
    日本企業の海外展開を支援する全国のあらゆる支援機関が結集し、海外展開にご関心をお持ちの中堅・中小企業の皆様へワンストップの支援サービスを提供します。

株式会社グランプラス

千葉県八街市八街は17
Tel:043-443-6471
URL:http://grand-place.co.jp/外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます
代表者:代表取締役 野村 英雄

従業員:80名
資本金:2,000万円
事業内容:高級チョコレート菓子製造販売
目的 :輸出
対象国・地域:マレーシア、香港、タイなど

2018年7月

関連情報

ご相談・お問い合わせ

現地日系企業の皆様

最寄りのジェトロ事務所にご連絡ください。