1. サイトトップ
  2. ジェトロ活用事例
  3. 株式会社オサチ:海外市場を視野に製品開発

株式会社オサチ

海外市場を視野に製品開発

株式会社オサチ

長野県岡谷市
http://osachi.jp/外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます
医療機器の開発、研究、製造、販売

<輸出>対象国・地域:米国、香港、韓国、台湾、欧州

写真:循環動態表示機能付血圧計 CardioVisionⓇMS-2000

日本ならではの高機能の医療機器を開発

1981年設立のオサチは、血圧計をはじめとする医療機器の研究開発を手がける。高齢化が進み、予防医学でのビジネスチャンスを予見し設立された。中国メーカーなどが安価な製品を量産し始めたことから、日本ならではの高機能製品の開発を目指すようになる。複数の医科大学との共同研究の結果、93年に動脈硬化の計測装置の開発に着手し97年に製品化、2007年痛みの計測装置の開発に成功、中小企業庁の08年版「元気なモノ作り中小企業300社」に、中小企業基盤整備機構の「中小企業産学官連携成功128社」に選定されるなど、高度なもの作りへの評価は高い。

同社が活用したジェトロの主なサービス・支援

セミナー・講演会参加
貿易投資相談
海外ブリーフィングサービス
輸出支援相談サービス(海外コーディネーターリテイン事業)
海外ミニ調査サービス
見本市・展示会への出展支援
バイヤー招へい
輸出有望案件支援サービス

ジェトロの包括的な活用で、輸出事業を軌道に

もともと海外志向が強かった同社は、日本での販売に好影響を与えることを見込んで、米国市場をターゲットに据えた。98年の長野オリンピックの際に知り合った米国人が偶然にも同国での販路を有していたことから、米国向けビジネスが始まった。商品は高い評価を得たものの、輸出の拡大には思うようにつながらなかった。現地の市場や商習慣についての情報、海外ビジネスのノウハウが不十分なまま、英語のウェブサイトを通じて寄せられた引き合いに対応し、代理店契約等を行っていたため、同社にとって不利な事態が頻発してしまったのである。

そこでジェトロの貿易投資相談を利用、さらにセミナー参加や海外ミニ調査サービス、海外コーディネーターリテイン事業などを通じてターゲットとした国・地域の産業情報、企業情報を入手していった。13年には輸出有望案件支援企業に採択され、専門家による個別支援を受けながら、展示会や商談会に参加したほか、専門家のネットワークも活用しながら候補企業との商談を重ねた。ジェトロを利用することで、懸念事項の1つだった、信頼できる企業の見分け方や海外の企業からの急なオファーへの対応方法についてもノウハウを得た。米国向けビジネスでネックとなった、契約手続き、有利な契約を締結するノウハウなどについても専門家の支援を得た。さらにジェトロ職員から駐在経験に基づく現地の医療事情などを入手するなど、包括的にジェトロのサービスを使いこなすようになっていった。


ジェトロ海外コーディネーターによる勉強会

海外市場を視野に製品開発

こうした取り組みの結果、13年には韓国向け、14年には香港向けの輸出が実現し、現在では全売り上げに占める輸出の割合は6割に達する。輸出事業が拡大するにつれ、社員の意識も変化、それぞれが自然と海外市場を視野に入れて製品に向き合うようになっている。

また当初は経営幹部のみがジェトロとやりとりしていたが、全社的にジェトロを活用する意識が浸透し、現在では多くの部署、担当者がジェトロにコンタクトするようになっている。同社としては引き続き全社員が一丸となって海外市場の開拓を進める。

新たな市場開拓により売り上げ拡大へ
取締役工場長 矢口 靖之 氏

今後は、英国、アセアン、ロシア向けの輸出にも挑戦し、業界内でのシェアを高め、目標の売り上げを達成する。

ご利用いただいたジェトロのサービス

  • 展示会・商談会への参加
    海外販路開拓のきっかけとなる展示会・商談会への出展をサポートします。
  • 輸出有望案件支援サービス
    輸出戦略の策定から契約締結まで専門家がお手伝いします。優秀な製品を持っていながらこれまで輸出経験がない、あるいは輸出ビジネスを躊躇している中小企業が対象です。

株式会社オサチ

長野県岡谷市長地小萩2-9-11
Tel:0266-28-0866
http://osachi.jp/外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます
従業員:5名 資本金:2,500万円

2015年3月

関連情報

ご相談・お問い合わせ

現地日系企業の皆様

最寄りのジェトロ事務所にご連絡ください。