1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. ブラジルとアルゼンチンが首脳会談、メルコスール改革の方向性を確認

ブラジルとアルゼンチンが首脳会談、メルコスール改革の方向性を確認

(ブラジル、アルゼンチン、メルコスール)

サンパウロ発

2019年01月18日

ブラジルのボルソナーロ大統領は1月16日、アルゼンチンのマクリ大統領とブラジリアで首脳会談を行った。1月1日に発足したボルソナーロ新政権では、ブラジル、アルゼンチン、パラグアイ、ウルグアイで構成される関税同盟メルコスールの見直しがテーマの1つとなっている。

ブラジル外務省の発表によれば、今回の会談で、対外共通関税の見直し、市場アクセスの改善、貿易円滑化の促進、制度面での収斂(しゅうれん)を、両国首脳が連続してメルコスールの議長国を務める2019年に進めることで合意した。また、メルコスールの対外通商交渉に関して、既に交渉入りしている有望な協定の交渉を推進すると同時に、その他の国・地域との新たな交渉開始も検討することで合意した。

メルコスールの対外通商交渉は、2018年中にも大筋合意の可能性が報じられていたEUとの自由貿易協定(FTA)に加え、欧州自由貿易連合(EFTA)、カナダ、韓国、シンガポールとの交渉を開始している。ボルソナーロ大統領は記者会見で、「目的は、十分な存在意義と重要性を兼ね備えた、よりスリムなメルコスールを構築することだ」とした。さらに、対外的な通商交渉に関して、失われた時間を取り戻すために創造性と柔軟性を持って対応する、と方針を述べた。

(二宮康史)

(ブラジル、アルゼンチン、メルコスール)

ビジネス短信 25df0246d30fcbe0

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス室)

  • フリーダイヤル(平日9時~12時/13時~17時)
    Tel:0120-124-344
  • 通常ダイヤル
    Tel:03-3582-5176 Fax:03-3582-4572
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp