1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. 米国産鶏肉の輸入再開、AGOA10年延長へ

米国産鶏肉の輸入再開、AGOA10年延長へ

(南アフリカ共和国、米国)

ヨハネスブルク発

2016年03月24日

 輸入が事実上止まっていた米国産鶏肉が、ほぼ5年ぶりに南アフリカ共和国の小売店に並んだ。南アと米政府は2015年6月、米国産鶏肉に対する南アの過剰な輸入規制の緩和を条件に、米国のアフリカ成長機会法(AGOA)の適用資格を10年間延長することで合意したが、南ア側が輸入を再開しなかったため、米国側は再三規制解除を求めてきた。それから約8ヵ月の交渉を経て鶏肉輸入が再開されたことで、南アのAGOA資格が10年間延長されることになった。

ビジネス短信 6f1d75052591f41a

記事本文は、会員の方のみご覧いただけます。

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス室)

  • フリーダイヤル(平日9時~12時/13時~17時)
    Tel:0120-124-344
  • 通常ダイヤル
    Tel:03-3582-5176 Fax:03-3582-4572
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp