1. サイトトップ
  2. 世界のビジネスニュース(通商弘報)
  3. 第1四半期のGDPは4四半期連続のプラス成長

第1四半期のGDPは4四半期連続のプラス成長

(オランダ)

アムステルダム事務所

2015年06月08日

 オランダ中央統計局(CBS)は5月18日、2015年第1四半期の実質GDP成長率を前期比0.4%、前年同期比2.4%と発表した。2014年第2四半期以降、前年同期比で4四半期連続のプラス成長となった。

<内需拡大が顕著に>

 実質GDP成長率を項目別にみると、輸出は3.0%だった一方、総固定資本形成がそれを上回る7.5%と高い伸びを示し、近年低迷を続けた民間最終消費支出も1.4%と内需の拡大が顕著だ(表参照)。

 CBSでは、企業による機械設備、通信機器およびソフトウエアへの投資、家計による住宅や輸送機器への投資、家具、電気機器、暖房、宿泊・外食への支出が増加傾向にある、としている。

 

<国内の消費ムードが上向く>

 可処分所得の増加、雇用状況の改善、住宅市場の回復などにより、国内の消費ムードは上向きだ。消費者信頼感指数は約7年半にわたってマイナスを記録し続けてきたが、20153月には2とプラスに転じた。小売売上高も2014年第2四半期以降、4四半期連続で前年同期比増となっている。設備稼働率は2014年以降上昇傾向にあり、20154月には81.8%と2008年のリーマン・ショック以降の最高値に達した。製造者信頼感指数(注)も2014年以降プラスで推移するなど、企業の景況感も改善している。

 

 2014年後半の予測では、2015年は輸出と設備投資に加え、個人消費の回復が成長を後押しするとみられていた。実際、そのとおりの立ち上がりになったといえるだろう。

 

(注)製造業のための景況感指数。数値はCBSが毎月実施する企業の景況感に関する調査結果から構成。

 

立川雅和

(オランダ)

通商弘報 ffb45007c17b691a

ご質問・お問い合わせ

よくあるご質問

ログインやメール版通商弘報などのよくお寄せいただくご質問とそのご案内をまとめました。
お問い合わせをいただく前にご確認をお願いします。

通商弘報ご購読・ご利用に関するお問い合わせ

ジェトロ・メンバーズ及び中国経済情報研究会の方

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス室)

  • フリーダイヤル(平日9時~12時/13時~17時)
    Tel:0120-124-344
  • 通常ダイヤル
    Tel:03-3582-5176 Fax:03-3582-4572
    E-mail:jmember@jetro.go.jp

「通商弘報」定期購読の方

ジェトロ海外調査計画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:kouhou@jetro.go.jp