2014年の自動車販売・生産・輸出はいずれも減少

(ブラジル)

サンパウロ事務所

2015年02月20日

2014年のブラジルにおける自動車の販売、生産、輸出台数はいずれも前年に比べて減少した。国内経済の停滞に加え、輸出シェアの高いアルゼンチン経済の低迷によるものだ。日系メーカーの販売台数はわずかながら増加したものの、2015年も引き続き厳しい状況が続きそうだ。

記事本文は、会員の方のみご覧いただけます。