石油部門は減速、非石油部門は好調を維持−2013年の経済見通し−

(サウジアラビア)

リヤド事務所

2013年01月10日

高い油価と原油増産の影響により2012年は、実質GDP成長率5.8%(暫定値)と、2011年の7.1%には及ばないながらも、引き続き高い成長率を記録した。しかし、2013年については多くのエコノミストが、油価の下落や原油生産量の減少など石油部門減速の影響を受けて、4.0%前後の成長にとどまるとみている。

ビジネス短信 50d439d14ce78

記事本文は、会員の方のみご覧いただけます。

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ビジネス短信の詳細検索等のご利用について

ジェトロ・メンバーズ

メンバーズ・サービスデスク(会員サービス班)
E-mail:jmember@jetro.go.jp