ウェビナー/WEBセミナー

【ウェビナー】米国でのPFASに関する食品包装・食品接触材規制の動向

オンデマンド配信中

PFASは、幅広い用途に用いられているものの、フォーエバー・ケミカルと呼ばれるとおり、自然界で分解されず蓄積される懸念から、米国では連邦や各州による規制が進んでおり、食品包装等の分野でも州を中心に規制が導入され始めています。
本ウェビナーでは、PFASに関する食品包装・食品接触材の最新規制動向について、米国で食品や食品包装に関して深い知見を有するケラー・アンド・ヘックマン弁護士事務所のジョージ・ミスコー弁護士を中心に解説をいたします。

収録日:2023年11月29日

視聴時間:1時間26分

講師 ケラー・アンド・ヘックマン弁護士事務所(Keller and Heckman LLP)
  • 弁護士 ジョージ・ミスコー(George G. Misko, Partner)
  • 日本案件担当アドバイザー 難波 多加志
資料 米国でのPFASに関する食品包装・食品接触材規制の動向PDFファイル(3.3MB)

視聴環境について

視聴環境については Google サポートページ外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます をご覧ください。

ウェビナー視聴にあたっての注意

ウェビナーご視聴にあたっては以下ご利用条件・免責事項をよく読み、内容についてご同意ください。ウェビナーをご視聴いただいた場合には、ご利用条件・免責事項のすべてに同意されたものとさせていただきます。内容に同意いただけない場合は、サイトのご利用を直ちに中止してください。なお、ご利用条件・免責事項の内容は予告なく変更する場合があります。