1. サイトトップ
  2. 海外ビジネス情報
  3. WEBセミナー
  4. 米中通商問題セミナー

オンラインセミナー

米中通商問題セミナー

米中通商問題がアジアを含むサプライチェーンに与える影響が懸念されています。また、この問題の背景には米中間の技術覇権争いがあると言われ、米国は、輸出管理や対米投資管理の強化を通じて戦略的技術の国外流出を防ぐ動きを強めています。中でも昨年8月に米国で成立した外国投資リスク審査現代化法(FIRRMA)や輸出管理改革法(ECRA)は日本企業のビジネスへの影響も大きいと見込まれます。

本セミナーでは、米中通商問題の状況とビジネスへの影響をジェトロ職員が概観します。さらに、来年2月までの施行が見込まれるFIRRMAについて、完全施行に先立ち導入された「パイロット・プログラム」の運用状況や外国投資委員会(CFIUS)の審査事例を含め、その最新動向を米国弁護士が解説します。皆様のご参加をお待ちしています。

ライブ配信 2019年7月12日(金曜) 14時00分~17時00分(終了しました)
オンデマンド配信 2019年7月17日(水曜)~ 2019年8月16日(金曜)23時55分
内容/講師
  1. 講演1「米中貿易摩擦とビジネスへの影響」
    ジェトロ海外調査部 上席主任調査研究員 川田 敦相
  2. 講演2「米国による対中国措置の背景と動向」
    ジェトロ海外調査部 米州課長 藤井 麻理
  3. 講演3「対米投資案件のCFIUS審査を如何に切り抜けるか:外国投資リスク審査現代化法成立後に対米投資を展開する日本企業がCFIUSによる審査にどのように対応すべきかの実践的なガイダンス」
    コビントン・バーリング法律事務所 マーク・プロトキン 弁護士、森永 一郎 弁護士
  4. 質疑応答

※内容は変更になる場合があります。

オンデマンド配信中

7月12日に開催したセミナーをオンデマンド配信しています。

お申込み済みの方

お申込み済みの方はこちらからログインしてください。
ID/パスワードはお申し込み時に使用したID/PWDです。

受講ご希望の方

受講料

オンデマンド配信
一般:4,000円(消費税等込み)
ジェトロ・メンバーズ:
1口につき先着2名様まで無料。3人目より3,200円(消費税等込み)/人

※メンバーズの無料枠、割引を適用する場合、事前にご連絡している「割引コード」をお手元にご用意ください。

※視聴テストページ新しいウィンドウで開きますにてお使いのPC/スマートフォンで視聴が可能かご確認の上お申し込みください。

お申込期限

2019年8月16日(金曜)18:00

お問い合わせ先

ジェトロ メンバー・サービスデスク (担当:(お申込について)乾/( 内容について)上野)
Tel:03-3582-5176(受付時間:9時00分~17時00分 土日祝除く)
E-mail:jmember@jetro.go.jp