1. サイトトップ
  2. 農林水産物・食品の輸出支援ポータル
  3. 海外における日本産食材サポーター店認定制度
  4. 日本産食材サポーター店インタビュー
  5. Izakaya Kura(居酒屋蔵):こだわりの日本産食材を使用し、本物の「味」と「魅力」を伝える日本食レストラン

海外における日本産食材サポーター店認定制度

日本産食材サポーター店インタビュー Izakaya Kura (居酒屋蔵)

こだわりの日本産食材を使用し、
本物の「味」と「魅力」を伝える日本食レストラン

所在地:メキシコシティ(メキシコ)

「気軽に一杯」にも妥協なし

メキシコシティ中心地の一角ローマ地区にある、日本食レストラン「Izakaya Kura」。2016年4月「気軽に一杯飲める日本の居酒屋」をコンセプトにお店をオープン。オーナー兼料理長を務めるのは松本武也氏。一品一品の料理に対して真摯に向き合い、一切の妥協を許さない芯の通った料理人として名高い。その松本氏が提供する日本料理は各方面から評価が高く、2020年まで4年連続でLarousse Cocinaが選出する"メキシコレストラン120"に選出されている。

顧客層はメキシコ人が9割を占め、多くの地元の人々に受け入れられ愛されている。日本の居酒屋に決して負けない、豊富なメニューと本格的な料理を常時提供しているからだ。こだわりは「食材」。新鮮な食材を手に入れ、食材の魅力を活かして調理を行っている。ドリンクメニューも充実。日本酒や焼酎、日本産のウィスキーやカクテルなどを幅広く用意。日本酒は常時数十種類の銘柄を揃え、シーズンによって希少銘柄も扱っている。またIzakaya Kuraでしか飲むことのできないオリジナル赤・白ワインを提供するなど、常に顧客の満足度向上に努めている。店内の空間から料理、ドリンクまでIzakaya Kuraの「こだわり」を提供し、多くの顧客を魅了している。またメキシコのレストランの中ではIzakaya Kuraの開店時間は早い。メキシコ人は14時以降に昼食を取ることが多いが、Izakaya Kuraが提供するお得な定食セットを求める人々のために午前11時30分からオープンするなど、常に顧客志向だ。

日本産和牛にこだわる信念

Izakaya Kuraで使用している和牛は品質に拘りたい松本氏の意向によって、日本から直接自社輸入されている。日本から遠く離れた国メキシコで、自社輸入を通じてまで日本産の和牛にこだわる理由がある。「実は以前にとても失望した経験が根底にあります。メキシコのある有名店で「Wagyu」として提供されていたお肉を食べました。食べた瞬間にこれは和牛ではないと分かるほど、味や風味など全てがかけ離れていました。和牛として提供するなら、本物の日本の和牛を食べてもらわないと「和牛」というブランドに悪いイメージがつく。本物の和牛をメキシコ人に提供しなければならないという使命感に駆られました。」と松本氏は語る。

Kuraの和牛の輸入は3年前から始まった。現在は日本から和牛を一頭買いしている。一頭買いすることで、様々な部位を使用することができ、提供できる料理の幅が広がる。「炭焼きステーキや串の他、ハンバーグやローストビーフ、カルパッチョなど様々な和牛料理を提供しています。和牛が持っている本来の味を楽しむことができる様に心がけています。もちろんチリソースをかけたがるメキシコ人が食べやすいようにチリの入った醤油ベースのタレなども別途添えてこちらの価値観を押し付けすぎないように気を付けています。『これが本当に牛肉なのか』、『牛肉の脂の甘みと香りが今まで食べてきた牛肉と全く違う』、これがIzakaya Kuraの和牛料理を食べたメキシコ人の感想。」という。「こだわり」と「信念」は確実にメキシコ人に本物の和牛の味を届け、新たな価値を伝えている。

日本産の最高の食材をメキシコにて提供したい

常により良い食材を求め、メキシコでは手に入れることができない日本産の食材を仕入れるためにアンテナを張り続けているという。松本氏が最も注目している日本産の食材は「鮮魚」。輸入手続の煩雑さと多くの時間を要する通関のため、「鮮魚」としての輸入は容易ではない。しかし松本氏がジェトロと定期的にコンタクトを取り、解決策を模索するのには理由がある。「基本的にメキシコ産の地の魚を使用するようにしていますが、メキシコでは味わうことができない魚が日本にはたくさんあります。例えば、のどぐろや脂の乗ったアジをメキシコで仕入れることはできません。メキシコでもアジは採れますが、日本産は脂の乗り方が全く違います。食べた時にメキシコ産との味の違いは必ず分かる。ぜひ、その味をメキシコ人に届けたい。」という。

本物の日本料理の味と魅力を伝えられる存在でありたい

世界中で日本食ブームが起き、メキシコでも数えきれないほどの日本食レストランが開店し、日本食は今やメキシコ人にとって特別な食事ではなくなっているという。しかし、メキシコシティにおけるIzakaya Kuraの存在感は別格。Izakaya Kuraが提供する日本食は、様々な人々の暮らしや食生活に新しい価値観を与えている。「日本食がメキシコ人にとって身近になってきました。これからはメキシコスタイルの日本食とは別に、本物の日本食を伝えていく必要があると考えています。メキシコの日本食市場が大きくなって来ている中で、Izakaya Kuraは常に本物の味を提供できるようにあり続けなければいけません。そのためには日本産食材にこだわりを持つことが大切な要素のひとつです。メキシコシティの日本食業界の人々と情報や日本産食材の共有を行い、お互いにレベルを高めあいたいと願っています。Izakaya Kuraはメキシコシティの日本食業界を牽引し、メキシコにおける日本食文化の発展に寄与し続ける存在でありたいです。」

Izakaya Kura
Colima 378, Local A Roma Norte, 06700Cuauhtémoc, CDMX
55 5511 8665
http://kuramexico.com/ja/home-2/外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます