skip to contents.
ニュージーランド

ニュージーランド

ジェトロの海外ネットワークを通じて収集したニュージーランドに関するビジネス情報を提供しています。 RSS

貿易・投資相談Q&A

日本からの輸出に関する相手国の制度など

中古車の現地輸入規則および留意点:ニュージーランド向け輸出

Q. ニュージーランドへ中古車を輸出する際の現地での輸入規制と輸入手続きについて教えてください。
A.

I. 規制概要
ニュージーランド(以下、NZ)では車種区分ごとに設けられている輸入条件を満たせば、原則として誰でも自由に輸入することができます。主な輸入条件は下記のとおりです。車種によってはブレーキ基準など別の条件が設定されている場合や、部分的な免除条件が設定されている場合もあります。また、移民や海外から帰国するNZ人が個人使用のために持ち込む際にも条件が緩和されます。詳細は参考資料・情報にある調査レポート「NZにおける中古車・中古建設機械の輸入制度」5~8ページをご覧ください。

  1. 排気ガス基準
  2. 輸入車両検査
  3. 左ハンドル規制(自家用の場合のみ左ハンドル車も輸入可能)
  4. 製造年によるその他の車両基準
  5. 前面衝突安全性能基準
  6. 燃費証明書
  7. 排気騒音規制


II. 輸出手続き
一般に必要とされる書類は、参考資料・情報にある貿易・投資相談Q&A「 中古車輸出の際の必要書類と手続き 」をご覧ください。また、NZ運輸局は日本からの中古車輸入時必要な書類に関する情報を提供しています。詳細は同局のウェブサイトを参照してください。


III. 輸入業者の資格、車両検査、輸入通関時に必要な書類
1. 輸入にライセンスは不要ですが、1年に6台以上の販売もしくは3台以上の輸入に携わる者は自動車取引業者とみなされ、政府登録が必要です(「自動車販売法(Motor Vehicle Sale Act 2003)」)。同法では、登録資格のない者、登録を禁じられた者を規定し、業者登録を禁じられた個人・法人の一覧が公開されています。輸出者は事前に、取引先が禁止業者・個人でないかを確認することができます。


2. 車両検査
NZでは輸入される全ての中古車は検疫検査の対象となります。検疫は車両の内装・外装に昆虫、植物関連物質、土壌、汚水、その他汚染物質がないかをNZ農林省第一次産業省バイオセキュリティ部門の検疫官が調査します。検査を通過できない場合は、第一次産業省の指定施設で検疫処理(洗浄・消毒)を行うか、国外への転送を求められ、関連する費用は全額輸入者の負担となります。なお並行輸入の新車は検疫を免除されますが、検疫官が汚染を認めた場合は中古車同様の扱いとなります。また、検疫の場所を問わず、車輌の荷揚げには以下の情報を含む検疫書類が必要となります。詳細は第一次産業省の”Importing Vehicles, Machinery and Tyres from All Countries”をご覧ください。

  1. 車台番号(車両識別番号(Vehicle identification number:VIN)、シャーシ番号等)
  2. 製造メーカー/車種 
  3. 生産国(原産地) 
  4. 貨物運送状 
  5. 荷送人 
  6. 荷受人および所在地


上記検査に併せてNZ運輸局を代行して以下の水際検査が行われ、検査結果は運輸局に登録されます。

  1. 車両(車体番号、製造メーカー、車種)
  2. 輸入者 
  3. 検査時の走行距離表示値 
  4. 目立った水没被害、構造上の損傷、劣化
  5. ハンドル位置


日本からの輸出では、船積前に第一次産業省の検疫官による検疫検査と水際検査を行うことが一般的で、合格した車両には緑のステッカーが貼付されます。これらの検査費用は船会社などが申請や手続きを代行して運賃等に含めることが多いようです。最終的な輸入車両検査はNZで行います。NZ運輸局が指定した検査業者による検査が義務付けられています。この検査は輸入車検に相当し、NZ以外では行うことができません。参考資料・情報にある「輸入車両検査業者」をご覧ください。
また、輸入通関時に必要な書類は、NZ税関ウェブサイトのMotor Vehicles, boats & aircraftのClearance procedures-generalで説明されています。


IV. 関税、その他諸税
NZでは一般に自動車とオートバイに対しては輸入関税がなく、消費税(15%)のみが課税されます。ただし、10人以上の人員(運転者を含む)の輸送用自動車(HS:8702)には関税が5%、救急車とモーターホーム(ベッド・調理器具・トイレ等が付いたキャンパーバン(HS:8703)には10%、貨物自動車(HS:8704)0~5%となっています。関税はFOB価格、消費税はCIF価格と関税の合計額に対して課税されます。関税率は、NZ税関ウェブサイトにある“Section XVII Vehicles, aircraft, vessels and associated transport equipment”を参照してください。


上記のほか、輸入取引手数料、バイオ・リスク・スクリーニング税、検疫水際検査費用など各種費用が必要です。詳細およびその他の関連情報は「I. 規制概要」で紹介した調査レポートの13~19ページをご覧ください。

 


関係法令
New Zealand Legislation:
「自動車販売法」(Motor Vehicle Sale Act 2003, 2011/5/1改正) 他のサイトへ

 


参考情報・資料
ジェトロ:
調査レポート「 NZにおける中古車・中古建設機械の輸入制度
貿易・投資相談Q&A「 中古車輸出の際の必要書類と手続き
NZ運輸局:
Used vehicle from Japan 他のサイトへ
第一次産業省バイオセキュリティ部門:
Importing Vehicles, Machinery and Tyres from All Countries 他のサイトへ
Motor Vehicle Traders Register(MVTR):
業者登録を禁じられた個人・法人一覧 他のサイトへ
NZ税関: 輸入車両検査業者 他のサイトへ
Clearance Procedures 他のサイトへ
Section XVII Vehicles, aircraft, vessels and associated transport equipment PDF 他のサイトへ   

 


調査時点:2012/09

記事番号:A-001225

関連情報
各国・地域データ
調査レポート

印刷このページの上へ