• ジェトロについて
  • お問い合わせ
  • Global Site
  • アジア経済研究所

マイリスト

×

マイリスト
マイリスト機能を使ってみませんか?
ジェトロ・ウェブサイトのお好きなページをブックマークできる機能です。
ブックマークするにはお好きなページで+ボタンを押してください。

貿易管理制度

最終更新日:2014年04月10日

最近の制度変更

管轄官庁

外務国際貿易省、輸出入管理局、カナダ国境サービス庁、環境省


国際貿易省、輸出入管理局、カナダ国境サービス庁、環境省

●貿易一般
外務国際貿易省(Foreign Affairs and International Trade Canada)
http://www.international.gc.ca/international/index.aspx

●輸出入管理関係
貿易管理局(Trade Controls & Technical Barriers Bureau)
http://www.international.gc.ca/controls-controles/about-a_propos/index.aspx?view=d
http://www.international.gc.ca/controls-controles/index.aspx

カナダ国境サービス庁(Canada Boarder Services Agency:CBSA)
http://www.cbsa-asfc.gc.ca/menu-eng.html

公共安全・緊急体制省(PSEPC)に直結した機関(2003年省庁統廃合により設立)で、国境を越える人、物の管理を主務としている。輸出入、特にカナダへの貨物の到着手続きに関しては通常の輸出入手続き以外の注意が必要。
例:Advance Commercial Information Program(ACI):2004年導入

到着貨物の電子データを各港湾到着前にあらかじめCBSAに提供することを義務付ける制度で、段階的に海上、航空機輸送とその対象分野を拡大している。
現在、全制度導入の第3段階に位置づけられるeManifestの導入が進められている。

1. トラック輸送
トラック輸送に関しては、2011年中に貨物運搬データの送信用の電子システムであるEDIシステムとeManifest Portal の配置を完了。
現在は、移行期間としてeManifestの要件を満たさないトラック輸送業者でもカナダ入国が許可され、罰則を科されることはないが、CBSAは義務化に向けてeManifestの利用を勧めている。
義務化後は、この要件を満たさないトラック輸送業者はカナダに入国できず、罰金が科されることになる。
施行日:CBSAより45日前に正式発表される予定。

2. 列車輸送
2012年5月にEDIシステムを貨物運搬データへの送信が可能となった。
トラック輸送と同様、現在は移行期間であり、義務化に向けてeManifestの利用が勧められている。

3. 貨物輸送
貨物輸送に関しては、2013年6月から積荷データの送信が可能になり、任意で利用できる。
eManifestへの正式移行は2014年7月を予定している。

4. 輸入業者
2014年7月からに事前貿易データの送信が可能になる予定。

最新のeManifest移行状況(業者別)については下記参照
http://www.cbsa-asfc.gc.ca/prog/manif/implementation-eng.html

eManifestについては下記参照
http://www.cbsa-asfc.gc.ca/prog/manif/menu-eng.html

ACIについては下記参照
http://www.cbsa-asfc.gc.ca/prog/aci-ipec/menu-eng.html

また、2012年11月より実施(2010年合意)されている日加間AEO(認定事業者)相互承認の管轄もCBSAが行っており(Partners in Protection Program)、日本のAEO輸出者はカナダの税関手続きで相互承認のメリットを受けることができる。

PIP(Partners in Protections)については下記参照
http://www.cbsa-asfc.gc.ca/security-securite/pip-pep/menu-eng.html

●ワシントン条約にかかわる管理当局
環境省(Environment Canada)
http://www.ec.gc.ca/default.asp?lang=En&n=FD9B0E51-1


環境省のCITES専用ページ
http://www.ec.gc.ca/cites/default.asp?lang=En&n=1BC82E16-1
http://www.ec.gc.ca/cites/default.asp?lang=En&n=0BB0663F-1
注意:ワシントン条約という名称はほとんどの場合使用されず、条約の英文名Convention on International Trade in Endangered Species of Wild Fauna and Flora の頭文字であるCITES(サイテス)が使用される。

輸入品目規制

輸入が規制される品目は以下によって規制されている。
1. 関税定率法136条
2. 輸入管理リスト
3. カナダ農産物法や食品薬品法、CITES(危険にさらされている動植物)など

1.輸入禁止品目: 関税定率法 136条で規定された品目(関税項目No. 9897.00.00、9898.00.00 、9899.00.00に該当する品目)
例:偽造硬貨、自動小銃・弾薬等、猥褻印刷物、一定の中古車・航空機、囚人の労働により製造されたもの、一定の鳥類・マングース科の動物(特定の使用目的を除く)

関税定率法136条:法務省
http://laws-lois.justice.gc.ca/eng/acts/c-54.011/

カナダ国境サービス庁(CBSA)
http://www.cbsa.gc.ca/menu-eng.html

関税項目No. 9897.00.00、9898.00.00 、9899.00.00の詳細
http://laws-lois.justice.gc.ca/eng/acts/C-54.011/index.html

2.輸入許可品目: 輸入管理リスト(Export and Import Permits Act内のImport Control List)に含まれ、輸入許可書の取得が必要な品目
例:銃火器、鉄鋼、大麦・小麦およびその製品類、一定の農産物(酪農、養鶏製品など)。なお、繊維製品・衣類はNAFTA, CCFTA, CCRFTA下におけるTPL(特恵関税レベル)を受ける場合のみ許可が必要。

輸出入許可法(Export and Import Permits Act)の概要:カナダ国境サービス
http://www.cbsa-asfc.gc.ca/publications/dm-md/d19/d19-10-2-eng.html

輸入管理リスト(Import Control List):法務省
http://laws-lois.justice.gc.ca/eng/regulations/C.R.C.,_c._604/

制限品目について品目ごとの概要:外務・国際貿易省
http://www.international.gc.ca/controls-controles/prod/index.aspx?menu_id=1&view=d

3.その他の品目:ワシントン条約(CITES)やカナダ国内法・規制で規定された基準を満たさない品目は輸入が許可されない。
例:食品・薬品、農業産品、アルコール飲料、爆薬、攻撃目的の武器

輸入制限に該当する各品目に関する概要:カナダ国境サービス庁
http://www.cbsa-asfc.gc.ca/security-securite/prohib-eng.html

食品、動植物取引等に関する規制
http://www.cbsa-asfc.gc.ca/fpa-apa/regs-eng.html(カナダ国境サービス庁: Food, Plants and animals inspections)
http://www.ec.gc.ca/cites/(環境省: ワシントン条約(CITES))
http://www.inspection.gc.ca/english/imp/importe.shtml(食品検査庁National Import Service Centre)

農産物法
http://lois-laws.justice.gc.ca/eng/acts/C-0.4/page-11.html#h-15 (法務省:Canada Agricultural Products Act 第30条)

食品薬品規制
http://laws-lois.justice.gc.ca/eng/regulations/C.R.C.,_c._870/page-3.html(法務省:Food and Drug Regulations A.01.040)

アルコール飲料規制
http://laws-lois.justice.gc.ca/eng/acts/I-3/page-1.html (法務省:アルコール飲料輸入法:Importation of Intoxicating liquors Act)

ベビーカー用品など消費者製品の規制
http://www.hc-sc.gc.ca/cps-spc/advisories-avis/out-ext/index-eng.php(カナダ保健省)
http://www.hc-sc.gc.ca/cps-spc/pubs/indust/ccpsa_ref-lcspc/index-eng.php#a12 (消費者製品安全法)

参考ウェブサイト
カナダでの輸入ビジネスのまとめ (カナダ政府によるサイト、Canada Business内 “Importing”セクション)
http://www.canadabusiness.ca/eng/page/2838/

輸入地域規制

なし

輸入関連法

関税定率法、輸出入許可法、特別輸入措置法、危険製品法、消費者包装ラベル法、農産物法、ラベリング、広告関連規制、その他関連法。

関税定率法(Custom Tariff Act)
http://laws-lois.justice.gc.ca/eng/acts/C-54.011/
原産国を問わず、輸入禁止品目が規定されている。

輸出入許可法(Export and Import Permits Act)
http://laws-lois.justice.gc.ca/eng/acts/E-19/
輸入許可を必要とする品目が規定されている。

特別輸入措置法(Special Import Measures Act:SIMA)
http://laws-lois.justice.gc.ca/eng/acts/S-15/
本法および関税定率法、輸出入許可法に基づき、アンチ・ダンピング税および相殺関税の賦課をはじめとする緊急輸入制限措置が認められている。ダンピング・補助金の有無は国境サービス庁が調査・決定し、国内での実質的損害の有無の調査・決定はカナダ国際貿易裁定委員会に委ねられる。国境サービス庁の調査によってダンピングまたは補助金の存在が認められた場合、その時点で暫定関税が徴収される。国際貿易裁定委員会が取り纏める公聴会によって、カナダの商品、生産者に重大な損害をもたらしていると最終認定された商品は、最低5年の賦課が命じられる。

連邦消費税法(Excise Tax Act)
http://laws-lois.justice.gc.ca/eng/acts/E-15/
「関税制度」の連邦消費税の項参照。

消費税法(Excise Act)
http://laws-lois.justice.gc.ca/eng/acts/E-14/

危険製品法(Hazardous Products Act)
家庭用品、火炎製品、毒物等危険物の基準規制。
http://laws-lois.justice.gc.ca/eng/acts/H-3/

消費者包装ラベル法(Consumers Packaging and Labeling Act)
貿易対象となるすべての製品について、ラベル、包装に関する規制。
http://laws-lois.justice.gc.ca/eng/acts/C-38/

カナダ農産物法(Canada Agricultural Products Act)
http://laws-lois.justice.gc.ca/eng/acts/C-0.4/

ラベリング、広告関連の規制(食品検査局)
http://www.inspection.gc.ca/english/fssa/labeti/guide/toce.shtml

食品のラベリングに関する規制(カナダ保健省)
http://www.hc-sc.gc.ca/fn-an/label-etiquet/index-eng.php

その他関連する法律
Textile Labeling Act
Marking of Imported Goods Regulations
Precious Metals Marking Act
Food and Drugs Act
Human Pathogens Importation Regulations
Meat Inspection Act
Fish Inspection ActRegulations
Health of Animals Act
Feeds Act
Fertilizers Act,Regulations
Pest Control Products Act
Seeds Act
Fresh Fruit and Vegetable Regulations
Dairy Products Regulations
Egg Regulations,Processed Egg Regulations
Processed Products Regulations
Honey Regulations,Maple Products Regulations
Licensing and Arbitration Regulations
Plant Protection Act,Regulations
Plant Breeder’s Rights Act
Canadian Environmental Protection Act
Ozone-Depleting Substances Regulations
Wild Animal and Plant Protection and Regulation of International and Interprovincial Trade Act(under the Convention on International Trade in Endangered Species of Wild Fauna and Flora (CITE)
Motor Vehicle Safety Act,Motor Vehicle Safety Regulations,Motor Vehicle Tire Safety Regulations

*以上の各法規は法務省のサイトの検索を利用して閲覧できる。
http://laws-lois.justice.gc.ca/eng/

輸入管理その他

特になし

輸出品目規制

輸出入許可法による「輸出管理リスト」に含まれる品目で、輸出許可書の取得が必要。

輸出管理品目:8つのグループに属する品目
輸出入許可法による「輸出管理リスト」(Export and Import Permits Act内のExport Control List)に含まれる品目で、輸出許可書の取得が必要。以下の8つのグループに大別される。

グループ1、2:ワッセナー協定に基づくもの。
グループ3、4:核不拡散条約(NPT)に基づくもの。
グループ5:その他の品目。
グループ6:ミサイル技術管理レジーム(MTCR)に基づくもの。
グループ7:生物化学兵器不拡散条約に基づくもの。

輸出管理リスト(Export Control List)
http://laws-lois.justice.gc.ca/eng/regulations/SOR-89-202/

なお、輸出管理リストは2013年1月30日に改訂されている。詳細は以下サイトを参照。
http://www.international.gc.ca/controls-controles/about-a_propos/expor/guide.aspx?menu_id=72&view=d

輸出地域規制

輸出規制対象国はベラルーシ、北朝鮮

地域規制対象国:ベラルーシ、北朝鮮

地域管理リスト(Area Control List)
http://laws-lois.justice.gc.ca/eng/regulations/SOR-81-543/page-2.html#h-1

輸出関連法

輸出管理その他

文化財輸出入法により、文化的財産を輸出する場合には、輸出ライセンスを得なければならない。


文化財輸出入法(Cultural Property Export and Import Act)
http://laws-lois.justice.gc.ca/eng/acts/C-51/






(データ確認日:2014年2月24日)

ご相談・お問い合わせ

国内

  • お問い合わせ窓口一覧
  • 海外ビジネスのご相談
  • 国内事務所一覧

お電話でのご相談はこちら
総合案内03-3582-5511 受付時間:平日9時~12時/13時~17時(祝祭日・年末年始を除く)

現地日系企業の皆様

最寄りのジェトロ事務所にご連絡ください。