skip to contents.

日本

海外ビジネスに関る日本のビジネス関連情報をお届けしています。 RSS

貿易・投資相談Q&A

輸入に関する基本的な制度や手続き : 関税・諸税

関税の納税申告の際の修正、補正、更正、是正の意味

Q. 関税の納税申告の際、「修正」と「補正」、「更正」と「是正」の違いを教えてください。
A.

I. 修正(申告)
納税申告をした後、税関申告税額に不足額があるとき、またはすでに行った納税申告で納付すべき税額がないとされたものについて、実際には納付すべき税額がある場合など、納税申告した課税標準または納付すべき税額(以下税額等という)が少なかった場合に増額して申告することです。税額等を「修正」する申告を行います。

 

II. 補正
I. の修正を輸入の許可前に行うことです。輸入の許可前で、かつ関税納付前に行います。税関長に提出済みの輸入(納税)申告書に記載した課税標準または税額を補正(訂正)することを口頭で税関長に申し出て、提出済み申告書の交付を受け、記載した課税標準または税額を補正(訂正)し、押印し、再び税関長に提出します。

 

III. 更正
税関長が行う税額の増額修正や減額修正のことです。納税申告者が税関に対し減額修正を求めることを「更正の請求」といいます。

  1. 1. 納税申告された税額等の計算が関税に関する法律の規定に従っていなかったとき、その他当該税額等が調査と異なるとき、税官庁は課税標準または税額を変更します。税関から更正通知書が送付されます。
  2. 税額等の計算の誤りにより、納付した税額が過大である場合には、納税申告者自ら税関長に対し、税額等の更正の請求ができます。税関長は、税額等を調査し、更正する、あるいは更正すべき理由がない旨を請求者に通知します。なお、更正の請求期間は、納税申告を行った貨物に対する輸入許可があるまでの期間または輸入許可の日から5年以内です。ただし、納税の申告貨物が輸入の許可前引取りの承認を受けた場合の更正の請求は、輸入許可前引取りの承認日の翌日から起算して5年以内と輸入許可日とのいずれか遅い日までの期間とすることができます。

 

IV. 是正
III. の更正を輸入の許可前に行う減額更正のことです。
貨物の輸入の許可前に税関長が決定します。関税納付前で、かつ税額等を減額するものに限ります。具体的には、納税申告書に記載した課税標準や税額を正しい額に朱書きして訂正します。税関長が納税申告者に当該納税申告に記載した税額等を是正させるか、または是正し、そのをが納税申告者に通知します。
 
 


関係機関
税関 他のサイトへ

 

 
関係法令
関税法:第7条の14,15,16
関税法施行令 第4条の16,17,18
関税法基本通達 第2章第2節7の14-1から7の16-3
法令データ提供システム(e-Gov):
関税法 他のサイトへ
関税法施行令 他のサイトへ

 


参考資料・情報
税関:
関税法基本通達 他のサイトへ
手続きFAQ(輸入通関) 他のサイトへ

 

 
調査時点:2013/08

記事番号:A-011011

関連情報
調査レポート

すべての検索結果を見る

貿易・投資相談Q&A

すべての検索結果を見る


印刷このページの上へ