skip to contents.

日本

海外ビジネスに関る日本のビジネス関連情報をお届けしています。 RSS

貿易・投資相談Q&A

輸出に関する基本的な制度や手続き : 貨物輸送・物流

BAF、CAFの意味と海上運賃の構成要素

Q. 海上運賃のBAF、CAFの意味と海上運賃の構成について教えてください。
A.

BAFは、Bunker Adjustment Factor(燃料費調整係数、いわゆる燃料割増料金)の略で、燃料(重油)価格の変動に対して調整される割り増し料金のことです。また、CAFは、Currency Adjustment Factor(通貨変動調整係数)の略で、為替レートの変動に対して調整される割り増し料金のことです。以下、詳しく説明します。


I. BAF
燃料費調整係数、いわゆる燃料割増料金で、燃料(重油)価格の変動に対して調整される割り増し料金のことです。航路によって異なる名称が使われることがあり、BS (Bunker Surcharge)、EBS (Emergency Bunker Surcharge)、EFAF (Emergency Fuel Adjustment Factor)、FAF (Fuel Adjustment Factor)などともいわれます。
BAFは一般的にトン当たり、コンテナ当たりで価格が決められます。 また、最近ではBAFの一環として窒素酸化物の排出量を規制している国向けのNOx Emission Surcharge、Carbon Tax Charge、Low Sulphur Fuel Surchargeといった割り増し料金が適用されることもあります。


II. CAF
通貨変動調整係数で、為替レートの変動に対して調整される割り増し料金のことです。CS (Currency Surcharge)とも呼ばれます。CAFは一般的に基本料金に対する割合(%)で価格が決められています。東南アジア航路などでは、日本円の高騰に対して課徴するYAS(Yen Application Surcharge)も適用されます。


III. 海上運賃の構成
海上運賃は、基本運賃とBAF、CAFといった割り増し料金(サーチャージ)で構成されます。船会社によってはBAF、CAFなどのサーチャージ込みの運賃体系を適用している場合もあります。

1. BAF、CAF以外のサーチャージ
特定港の船混みによる滞船長期化に適用されるCongestion Surcharge(船混み割増)
季節的な貨物量が激増時に適用されるPeak Season Surcharge(ピーク・シーズン割増)など

2. コンテナ輸送にかかわる費用
T.H.C(ターミナル・ハンドリング・チャージ)
CFS Charge(コンテナ・フレイト・ステーション・チャージ)など

 


調査時点:2013/08

 

記事番号:A-010928

関連情報
貿易・投資相談Q&A

印刷このページの上へ